よもぎ茶=たのしいアウト・ドア入門

 よもぎがたくさんあったので、よもぎ茶にしたところ、かんたんな上にとてもおいしかったので、研究所に来てくれる人たちに飲んでもらったら、これが大好評でした。

 研究所のテーマの一つが「たのしいアウト・ドア=たのしい環境教育」です。

 よもぎ餅などを食べたり、沖縄の伝統的な料理「フーチバー・ジューシー(よもぎ おじや)」などで味わっている子ども達もいるので、もしかすると、大人だけでなく子ども達も「意外といけるね」と言ってくれるかもしれません。
 興味のある方は、ためしてみませんか。

 つくり方をかんたんにまとめてみました。
 子ども達に味わってもらうなら、薄めがよいでしょう。

%e3%82%88%e3%82%82%e3%81%8d%e3%82%99%e8%8c%b6

 よもぎは、わたしの授業プラン「アウト・ドア入門」で、天ぷらにしても大好評の食材です。しかも日本中どこでも手に入る、といってよいほどいろいろなところに生えています。研究所の近くの公園にも生えていますし、立山の山嶺にも生えていました。
 キャンプのときの食材にもうってつけのすぐれものです。
 お茶にしても美味しいので、さらにわたしの評価が高くなりました。

 スタッフが調べたところによると、健康にも良いということで、ガンを予防するとかいろいろな効能があるようですけど、そこらあたりは、わたしはよくわかりません。

たのしいことがいっぱいの
「たのしい教育研究所」です

良く読まれている記事