お答え:いっきゅう(喜友名)先生の授業はいつどこで受けることができますか?

 たのしい教育研究所には「いっきゅう先生の授業はいつどこで受けられますか?」という問い合わせがたくさん届いています。夏休みになると〈自由研究の相談にたずねていっても良いですか?〉 というお話もたくさん届きます。

 しかし多忙ないっきゅう先生の現状では「直ぐに」というのはほぼ難しく、研究所の問い合わせフォームから申し込んで頂いて、いっきゅう先生の時間を押さえてからということになります。既に一年後の授業も組まれはじめていますから、関心のある方はぜひ個別にお問い合わせください。

 特設の授業ではなく、年間で組まれているいっきゅう先生の授業がありますから、事前にチェックしておいて申し込むということがおすすめです。いっきゅう先生のおおよその年間の授業について並べてみましょう。これでほぼ80%程度は含まれていると思います。費用がハッキリしているものについては記載しておきます。


❍ 県や市町村、企業などから依頼されている授業・講演等⇒ 年間10本程度をめどに受託しています⇒ ほぼ無料。募集を含めてこのサイトに告知しています 大人・子ども・教師・学生など幅広い皆さんの受講が可能なものが多いです

 

❍ たのしい教育研究所の主催講座⇒ 年間 3 回をめどに開催しています⇒ 1回 3000円程度 ⇒ 大人・子ども・教師・学生などいろいろな対象に向けて実施しています。近づいたらこのサイトで告知しています。近いものでは8月19日(土)にはうるま市ユラテクで「大人も子どもも自由研究がやめられない!」を開催予定!

 

❍ 若い教師のためのたのしい教育ワークショップ⇒ ほぼ毎週土曜日に開催⇒ 教師を目指している皆さん(学生含む)対象です。たのしい教育の紹介や実技、採用試験に合格するための内容など

❍ たのしい教育Cafe ⇒ ほぼ毎月(スペシャル講座等のある月は除く)⇒ 教育関係者対象⇒ いっきゅう先生の持ち時間は一時間から30分程度で、若い先生も実施可能な、子ども達と仲良く賢くなる授業を実施

 

❍ 学校や団体から依頼される授業⇒ 年間数本をめどに受託 ⇒ 事前にその学校や団体に問合せて許可を得て受講 ⇒ このサイトにはあまり掲載していませんので、興味のある方は個別でお問い合わせください

 

 

❍ 県外の大会・研究会等での発表や授業⇒ 個別にお問い合わせください

 

❍ ミニ講座⇒ 募集などをかけずに、数名で開催する講座 ⇒「花と親しむワークショップ」や「夜の虫たち探検」など ⇒個別にお問い合わせください

 

❍ NPOメンバーの黒帯研修会⇒ 内容によっては一般の教育関係の方も参加可能です ⇒お問い合わせください

 

♪カウンセリングは緊急のものも多いため、いっきゅう先生のスケジュールを最大限調整して、優先的に組ませて頂いています ⇒ 5000円/h ⇒遠慮なく、お問い合わせください

 

❍ 実際の授業ではありませんが、文章で学ぶこともできます。通信教育的な意味で購読しているという方もたくさんいます⇒ 毎週金曜日発行「たのしい教育メールマガジン」⇒ 家族、クラス、職場などで利用できるたのしい教材や、観たくなる映画のコーナー、たのしい教育の発想法などが満載の大人気の発行物です ⇒ 年間購読9600円 ⇒ 随時受付け

 いっきゅう先生(きゆな先生)は「いくらでも授業や講座や講演会をしたい」というタイプですが、ここに書いたように、年間100本近くの講座や講演、それにカウンセリングなどを入れるとかなりの回数になることに加えて、〈執筆活動〉も数々こなしている状況ですから、役員会の話し合いで「いっきゅう先生の授業や講演に関してはこれ以上増やすことは難しい」ということになっています。ご確認のうえ上記のいずれかにご参加ください。

 ところで、いっきゅう先生の直接の授業ではありませんが、開発した教材や授業の方法、たのしい教育研究所のスタッフの授業などはこの他にいくつもあります。併せて紹介いたします。

☆ キミコ方式 三原色でたのしむ絵画教室 ⇒一回3時間程度 ⇒ 大人子ども含む3〜4名で開催⇒ 4000円程度

 

☆ 公民館等での授業⇒ 沖縄市在住の小学生対象 ⇒月一回 ⇒ 本サイトをチェック

 

☆市町村からの依頼⇒ 不登校の子ども達向けの授業など ⇒ 個別でお問い合わせください

 

☆ 校内研修での授業 ⇒ 要請に応じてスタッフを組んで授業しています

 

☆学級がうまくいかない時などの個別相談、教材アイディア。よみかたり教材、ものづくり教材のレッスンなど⇒教材の提供込みで一回3500円

 

 1日一回の「いいね」クリックで〈たのしい教育〉を広げませんか-〈人気ブログ〉いいねクリック⬅︎ジャンプ先のページでもワンクリックお願いします

良く読まれている記事