[一般の方向け]教員採用試験ワークショップ本コース:随時受付中/沖縄市出前児童館(無料)11/12~16:子ども対象、大人も受講可能/好評受付中「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付/12月のたのしい教育cafeは〈クリスマススペシャル〉予定

富士山とプレートの重なり 大きな山ができるには ①

「三つのプレートが重なるあたりだから富士山の様な大きな山ができた」という話は学生の頃教わったことです。先日、富士山の上空を飛んだ時に、その姿を見ながら不思議に思ったので、今日はそのお話。

〈プレート〉というのは〈板状のもの〉を表す言葉で、地球の科学では地球の表面を覆っている〈地殻〉を意味します。
 地殻はいくつもの部分(ピース)に別れていることがわかっていて、それらは、その下のマントルの動きにしたがって、離れていくものもあれば、ぶつかりあうものもあります。

プレート 山はなぜできる

 日本の周りをみると4枚のプレートが重なり合っています。
 そのプレートに沿う様にしてのぶつかり合うあたりに〈火山〉もたくさんできていることがわかります。

日本 プレート 火山 静岡大学の資料から

 

 富士山のあたりはちょうどユーラシアプレート・フィリピン海プレート・北米プレートが重なっています。
 私は〈それで日本で一番高い山ができたのだ〉という様に教わりました。
 今でもそう説明されていると思います。

 富士山を眺めると、その雄大な姿に圧倒されてしまいます。
 裾野がゆったりと流れていく様子に、その大きさを感じますし、三つのプレートの重なるダイナミックな力を感じます。

 

 ところで冒頭に書いた〈富士山の上空〉を飛んだ時にのこと、不思議な感じがしました。
 これがその時にわたしが撮った写真、突き出した姿は、やはりとても目立ちます。
 

 

 確かに美しい。
  広々とした大地に、そこだけポコリと突き出した様に見えます。

 

 

 ところで、地球を形成する〈プレート〉が三つも重なっているとしたら、富士山の周りの地形は、もっと複雑なものになっているのではないか、という気がするのですけど、どうでしょう。

 地球レベルで見れば、この富士山の姿も〈針〉で突いたよりずっと小さな点です。巨大なプレートの力の影響だというなら、富士山の周りの姿があまりにもおとなしすぎる。
 そういう感じがするのは私だけでしょうか。

 三つのプレートのぶつかり合いということではなく、何か別なきっかけでできたのが富士山ではないか?

 ここまで読んでみて、みなさんの意見を聞かせていただきたいと思います。後半に続く。

この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉を応援することができます !

 

良く読まれている記事