[一般の方向け]教員採用試験ワークショップ本コース:随時受付中/沖縄市出前児童館(無料)11/12~16:子ども対象、大人も受講可能/好評受付中「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付/12月のたのしい教育cafeは〈クリスマススペシャル〉予定

水の入ったふうせんにとがったエンピツを突き刺す実験-水の入ったビニール袋に鉛筆を突き刺す実験の続き(たのしい教育Cafe・たのCafeの一コマ)

 四月のたのしい教育Cafeも笑顔につつまれました。その時の一つを紹介します。
 M先生のたのしいゲームの中で〈ビニール袋に水を入れて鉛筆をつきさすと?〉という問題が出ました。これは知っている人たちもたくさんいました。

 M先生が持っているビニール袋につきささったエンピツをごらんください。

 

 たのしい教育研究所の出前教室でもとりあげたことがあります。たしかその時の子どもたちの記録は20本以上だったと思います。

 ところで以前から学校でやりたかった実験の一つに〈ふうせんに水を入れてエンピツを突き刺す〉とどうなるか? という実験があります。

 こういう〈やってみたい〉シリーズはかなりたくさんあって、普通の先生よりはるかにたくさんの実験をやってきたとはいえ、それはやりたいと思っていた中のほんの1%に満たないくらいだと思います。

 ちょうどいいちゃんすなので、M先生が出してくれた問題に続いて、わたしが手をあげて問題を出しました。

 ふうせんのゴムはビニールよりはるかに伸縮性(伸び縮みする力)にすぐれています。
 ではM先生の実験と同じ様に、ふうせんに水を入れてエンピツを突き刺すとどうなると思いますか?

 予想

 ア.割れる

 イ.割れない(エンピツは突き刺さったまま)

 みんなが「え?」という表情になりました。
 M先生自身もとても興味深げだったので、みんなで実験することになりました。

 

 たのcafeに集った人たちの反応は・・・

誰か「その他はないの?」
わたし「はい、このさい二者択一でいきましょう(^-^ 」
みんな わいわいガヤガヤ

 ア.はれつする・・・7割ほど

 イ.はれつしない(エンピツは突き刺さったまま)・・・3割ほど

発表がめじろおしだったので、理由をたずねるゆとりはなかったのですけど、いろいろな人たちが
「突き刺したら割れるのが風船でしょ」
とか
「ビニールでも割れると思えたのに割れないんだからさ・・・」
という様にいろいろ話してくれました。

 

 こういう実験は、なかなか一人ではできません。
 実験が難しいというより、一人だけの興味関心では、あれこれ準備する気になれないのです。

 みんなの興味関心を一点に集めて、実験の時間になりました。

 さぁ、みなさんはどう思いますか?
 予想を立てるから、当たっていても外れても賢くたのしくなるのです、ホントです。

ちなみに私の予想は「割れない」です。
 当たっても外れてもワクワクドキドキです。

 実験の結果は次回掲載します。おたのしみに!一緒に〈たのしい教育〉を広げませんか→このクリックで〈ブログ評価〉に一票入ります!

良く読まれている記事