[一般の方向け]教員採用試験基礎特訓スタート09/08土曜日スタート/沖縄市出前児童館(無料)9/10~14:子ども対象、大人も受講可能/たのしい教Cafe9/12(水)18:30~/教員採用試験合格カウンセリング 受付中/好評受付中「たのしい教育メールマガジン(有料)」/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付

たのしい教育の哲学〈100m競争で負けても1000m競争で立派な成績をあげればよいのです〉板倉聖宣1968

 週一のメールマガジンで掲載している〈楽しい教育の哲学・思想・発想法〉が好評です。メルマガのラストに位置する章なのですけど、「真っ先に読んでいます」「次回もたのしみです」というメールがたくさん届いています。

 メルマガ自体、わたしがたのしみで綴っていて、その中でもこの章は、これまでなんども読み返して来た文章や、長年考えてきたことをまとめているので、書いている私自身が最も認識を深める構成になっています。

 今回は板倉聖宣が50年ほど前に、小学校六年生からの手紙に返信した内容を綴っています。手紙の中に出て来る言葉をタイトルにして〈100m競争で負けても1000m競争で立派な成績をあげればよいのです〉としました。

 いろいろな中学へ受験していく子ども達へ向けて、あたたかい文章が続いています。板倉聖宣は、かつて中学受験に失敗したという辛い経験をしています。
 そういう過去も含めて、たのしく学んでいくことの大切さが折り込まれた手紙です。

 ほんのすこしだけ紹介します。

 小学校6年生でもう受験勉強するなんて大変ですね。

 受験勉強でも何でも、たのしく勉強できるように工夫して勉強してくださいね。

 たのしく勉強したことなら、よく身について、いつまでも覚えていられるけれど、いやいや勉強したことはすぐに忘れてしまって無駄になりますからね。

 たのしい教育メールマガジンは、たのしい教育の〈実践方法〉から〈発想法〉までを学ぶことができる画期的な内容です。興味のある方は、お申し込みください。
 毎週金曜日、PDF版でお届けしています。この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉を応援することができます !

良く読まれている記事