[一般の方向け]教員採用試験ワークショップ本コース:随時受付中/沖縄市出前児童館(無料)12/10~14:子ども対象、大人も受講可能/好評受付中「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付/12月のたのしい教育cafeは〈クリスマススペシャル〉予定

作品のタイトルをたのしもう 後編

 夏休みの課題の〈絵画〉についてのたのしい提案のページです。前回、絵画のタイトルはおもしろい、という話を読んだみなさん向けです。まだの方はぜひ読んでからこのページに戻ってくださいね。

 夏休みの宿題としてまず絵を描きます(RIDEにはたのしい絵画コースもあります、記事のラストに掲載)描いた絵のタイトルをたのしみましょう。

 たいていのは人たちが、その絵のタイトルをパッとつけてしまうと思いますが、それをたのしみたいのです。 

しつもん
 みなさんならこの絵にどういうタイトルをつけるでしょう。

 夏休みの後に学校代表で絵画コンクールを出すというので、学年代表の作品を選んだり、学校代表の絵を選びます。
その時に目にしていたタイトルを思い起こして、そのイメージでつけるとすると

ゴミひろい

ビーチ清掃

暑いけどがんばったよ

という様になるでしょう。
みなさんの中にも、それに近いタイトルをつけた人たちも多いのではないでしょうか。

 そこで少し視点を逆転させて、魚やカニさんたちの気持ちになってみましょう。

「魚さんたちがありがとうって言っていた」

というタイトルはどうでしょう。

カニさんたちが「ありがとう」

でもいいかもしれません。
このタイトルを見て、周りのすみずみな部分にも目がいく人たちも多いと思います。

 高学年の作品も見てみましょう。

 みなさんはこの絵のタイトルを何とつけますか?

 この記事を読む前なら「だいこんほり」という様なタイトルをつける人も多かったと思います。

 少し考えて

自然はすごい!

というタイトルはどうでしょうか。

畑の元気!

もおもしろいと思います。
タイトルを読んで、もう一度絵を見たくなる様な、そういうタイトルをつけることができたら、きっと絵がもっとたのしくなると思います。

 夏休みの絵画も、たのしんでくださいね。

 RIDE( ライド:たのしい教育研究所 )では、夏休みの課題としても利用できる〈絵画教室〉も実施しています。絵が苦手だという人たち大歓迎です。
 小学生以上、三~四人グループでお申し込みください。
 三時間コース、〈絵の具、画材など混み〉で、手ぶらでたのしむことができます。 受講費、大人4500円、子ども2800円。
 研究所の日程などと関係しますので、期日は、お申し込みの時に調整しましょう⇨こちら

 たのしい教育はあなたの人生をたのしくする、RIDE( ライド:たのしい教育研究所 )です。この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援票」が入ります☆いいね☆

良く読まれている記事