[一般の方向け]教員採用試験ワークショップ本コース:随時受付中/沖縄市出前児童館(無料)2019/01.15~21:子ども対象、大人もボランティア参加可能/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付/12月のたのしい教育cafeは〈クリスマススペシャル〉予定

目のすばらしさと美しさ

 RIDEの〈宙たび〉の中で作成した「超カンタン 手づくり望遠鏡」は参加者全員からとても高い評価を得ることができましたが、その時、多くの方たちが口にしたのが「えー、逆向きに見える。何で?」と言う言葉でした。
「その話や実験もとってもたのしいので、いつかチャンスがあれば一緒に楽しみましょう」と話し、観察の実技に移ったのですけど、実際、カンタンに説明するのはもったいないくらいたのしい授業になります。

 仮説実験授業に「光と虫めがね」という私の大好きな授業書があります。
 いつか体験していただけたらと考え始めています。

 ものがひっくり返って見えるのは〈レンズ〉の働きによります。
 望遠鏡はレンズを利用します。

 ところで目にもレンズが入っていることはご存知ですか?
 この真ん中の黒くなっている部分、瞳孔(どうこう)の下にレンズが隠れています。


 と目の仕組みを簡単に触れようと書きはじめた私自身が、目の美しさに見とれてしまいました。

 真ん中の瞳孔の周りの模様に見えているところを〈虹彩:こうさい〉といいます。

「はい、ここは虹彩で、ここが瞳孔(どうこう)で・・・」と語る前に、この美しさに見とれる時間が大事だなと思っています。

  そういえばうちのウェルカム担当のア~ルもキレイな目をしていて、RIDE(ライド)に来る人たちが褒めてくれます。

 

 写真で伝わるかどうかわかりませんが、ブルークリスタルの美しい輝きです。
 今度ア~ルの目の研究をしてみたいと思っています。

毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックが元気のバネです➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援票」が入ります☆いいね☆

良く読まれている記事