[一般の方向け]たのしい教育cafe 4/24(水)18:30~/教員採用試験ワークショップ4月コース:関係者へリーフ配布中/沖縄市出前児童館(無料)2019/05.14~18:子ども対象、大人もボランティア参加可能/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付

春のアウトドアノマドワークはクローバーに囲まれて

 四月中旬今日この頃、那覇市でミーティングがあり、少し時間のゆとりがあって遠回りして海沿いの道を走らせていると、河と海とがつながるあたりに、クローバーが広がる公園をみつけました。

 ミーティングが終わってから来た道を戻って、その公園に寄って一仕事することにしました。
 わたしの場合アウトドアワーク・アウトドアノマドは、おおよそイスとバッグの二つがあればOKです。

 アウトドアワークをしたことの無い人にはイメージしずらいかもしれませんけど、「アウトドアでも仕事ができる」というより「アウトドアの方が仕事がはかどる」ということもあるのです。以前書いたので、興味のある方は記事をさかのぼってみてくださいね。

 バッグとイスを持って公園を少し歩きシロツメクサのじゅうたんの方に荷物をおろしました。イスをひろげてしばらくは風と花とをあじわいます。

 

 シロツメクサの間からタンポポの花も顔を出しています。

 よくみると〈ムラサキカタバミ〉も花を見せてくれています。

 実に気持ちがよい。
 気持ちがよいから仕事がはかどる、ということも十分あります。それだけでなく、閉ざされていない空間だから広がるイメージというものもあるのです。

 気持ちがよい中で、小一時間ほど、講座の構想を立てたり論文ドクターの仕事で、届いた文章に手をいれていました。
 いつかつくりたいと思っていた授業プラン「人とサル」についても手がけ始めることができました。DNAの本質についてイメージしてもらえるプランになると思います、ご期待ください。

 とても気持ちのよい春の季節、みなさんも外に出てノマドワークしてみませんか。

毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね☆

良く読まれている記事