• [一般の方向け] 教員採用一次試験合格スーパーバイズ/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付
  • オットー・リリエンタール〈鳥の飛翔〉(1)ILLサービスはすばらしい

     たのしい教育研究所の人気教材に〈ひらりん〉があります、鳥やタネの飛翔を体感してもらえる教材で、先月の小学校での授業でもかなりもりあがりました。
     これを予想チャレンジの構造で本格的な〈たのしい教育プラン〉にする構想があります。わたしの研究と編集の時間がとれれば、いずれ講座などで実施したいと考えています。

     たのしい教材を作成する時に確かな基盤になるのは〈その歴史を学ぶ〉ことです。
     人間がある研究を初め、それが世代を超えて繋がっていたとしたら、その研究はとても重要なもので、その根底には必ず〈感動・たのしさ・価値〉が強く横たわっています。
     人間の飛翔の研究には、その人たちが人生かけてとりくむだけの価値、感動、たのしさがとてもたくさん含まれていたに違いないのです。

     そうやって研究が完成すると〈成果〉だけが残されていくので、研究していた時の感動・たのしさが忘れ去られてしまいます。

     たとえば近くにあるリモコンも、それを研究開発していく過程で、どんなに多くのたのしさや感動があったことか・・・
     だって人間が近づいていってスイッチを押すのではなく、離れたところで座ったままでスイッチをON/OFFできるのです。
     見えないけれど何かが飛んでいってポンとスイッチを押す、研究をすすめた本人が最も驚きと感動をもって取り組んだことでしょう。そしてその周りの人たちも大きな感動・たのしさを感じたことでしょう。

     たのしい教育は教育の最先端を走っているのですけど、その歴史を深く学んでいった成果なのです。

     さて人間が〈自分も飛びたい〉という途方もない夢をいだいて、実際にそれを実現させていった時に、目をつけている人物たちが何人かいます。モンゴルフィエ兄弟、オットー・リリエンタール、ライト兄弟です。
     多くの人たちはライト兄弟がはじめて空を飛んだと思っている様ですけど、そうではありません、リリエンタールやモンゴルフィエ兄弟はもっと決定的な研究成果をあげていて、そういう巨人たちの肩の上に乗ってライト兄弟がいるのです。

     さて最近リリエンタールが書いた〈鳥の飛翔〉を手にしました。


     RIDEにはたくさんの本や資料があり、その多くは第一研究所に保管されています。教育プランの研究を進めている第三研究所にはその1/100くらいの書籍しか置いていないのですけど、それでもいっぱいになってきました、4~5年前から極力〈紙媒体〉の本を購入するのは最小限にしています。
     リリエンタールの〈鳥の飛翔〉もできれば図書館から借りようと思っていたのですけど、研究所の周りの図書館にあたってみても置いていません。
     そうですよね、150年くらい前に執筆されたリリエンタールの文章を直接読んでみようという人はほとんどいないでしょう。

     そんな中、本に詳しいA先生が当たってくれて届いたのがその本です、〈琉球大学生の図書館〉にある本を研究所の近くの図書館が借りてくれて、それを貸してもらうという〈図書館間相互貸借:ILL〉です。すばらしいサービスです。
     貸し出し期間もたっぷり二週間あります。

     中を開いて、驚きました。

     つづく
     

    毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね➡︎もっと深くたのしい教育を味わいたい方は〈有料メルマガ〉をどうぞ!

     

     

    よく読まれている記事