⭕️ 講演・授業・ワークショップ・スーパーバイズ・カウンセリング・企業研修 その他、お問合せください!
⭕️ 一般の方向け] たのしい教育cafe7月22日(水)18:30~/出前児童館 7/13(月)~17(金)/教員採用二次試験合格スーパーバイズ企画中/「たのしい教育メールマガジン(有料)」/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付

トンボとあそぶ自由研究/イトトンボ

 第三研究所の郵便ポストの近くでトンボをみつけました、イトトンボです。

 私と出会ってびっくりして逃げようとしているのですけど、行き場のないところなので逃げることができません。

 
 トンボは育てるのが難しい生き物なので捕獲することはせず、
「そういえば、トンボってどれくらいの時間〈滞空〉していられるんだろう」
と見ていることにしました。

 運動会のシーズンに集団で飛んでいる赤とんぼを見ることがあります。
 運動場などで何分も滞空している感じがしていて、以前から気になっていました。

 トンボの羽ばたきのスピードはかなりのもので、飛んでいくスピードもチョウやセミよりずっと早いですよね。

 このイトトンボは身体が細いので、エネルギーをたくさん備蓄しておくことはむずかしそうです。

 いったいどれくらい飛んで、休憩するんでしょう。

 みなさんはどう思いますか?

 止まって休んだ後、また飛び始めたところからカウントしてみました。

 

 

 スマホを持っていなかったので、私のおおよその計測なのですけど、20秒程度では、また止まって休んでいました。
 二度やってみましたが、同じくらいです。


  滞空時間は種類にもよるでしょうし、トンボの種類にもよるでしょう。
 こういう研究は、ほぼ誰もやっていないと思います。

 興味のある方はぜひやってみませんか。

 何をやるにも予想チャレンジです。
 自由研究として、たのしんでみましょう。

毎日たのしく全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。一緒にたのしい未来をつくりましょう。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね➡︎もっと深くたのしい教育を味わいたい方は〈有料メルマガ〉をどうぞ!