松ぼっくりの研究

松ぼっくりマニアのNPOメンバーAさんが、
「きれいな松ぼっくりが手に入った」
と持って研究所にそれを持って来てくれました。
「ただし、傘はさじてるんだけどね」
とAさん。

スクリーンショット 2013-09-03 17.06.47

そこで、知ってはいたけれど、まだやった事のない実験を提案。
松ぼっくりの傘の開きは、水分量と関係する。
つまり、松ぼっくりの中の水分を抜けば傘が開くという事になります。

水分を抜くのに手っ取り早いのは、電子レンジです。
これまで「野菜チップス作り」で幾つもの野菜で実験して来ました。

という事でLet’s Try.

 問題
 閉じた松ぼっくりを電子レンジに入れてチンする事にします。
 傘は開くのでしょうか。

予想①
 ア.しっかり開く
 イ.やや開く
 ウ.ほとんど閉じたまま

実験
レンジに待つボックを入れて、標準Wでまず60秒を設定

スクリーンショット 2013-09-03 16.25.54

こう変化して来ました。
スクリーンショット 2013-09-03 16.26.07

そして60秒、チンという音がなる頃には…

スクリーンショット 2013-09-03 17.24.01

こうなりました。

最初の松ぼっくりの仲間比べてみましょう…

スクリーンショット 2013-09-03 17.27.03

こんなに開いています。

問題2
 水分量が松ボックリの開きと関係するなら、この開いた松ボックリを水につけると、傘がとじるのではないかと予想できます。
 では実験してみましょう。

予想
 開いた松ぼっくりを水につけることにします…すると
 ア.傘が閉じる (どの位の時間で?⇨       くらいで閉じると思う )
 イ.あまり変化はない

さあ、実験してみましょう。

水につけます。

スクリーンショット 2013-09-03 17.34.44

10分くらいするとこうなりました。

スクリーンショット 2013-09-03 17.35.23
反応がはっきり分かってたのしい実験となりました。
夏休みの自由研究にお困りの方、いかがでしょう(^^

1日1度のここの「いいね」クリックで〈たのしい教育〉を広げませんか➡︎ いいねクリック=人気ブログ!=ジャンプ先でもワンクリックお願いします!

良く読まれている記事