折り染め(折染め)新染料−画期的です その②| たのしい教育Cafe2015-6月

前回からの続きです。
この記事から読む方は前回にもどってお読みください。

———

100均で折り染めに利用する『染料』として利用できるものがあります。
予想していただけましたか?

それはこれです。

スクリーンショット 2015-06-12 20.52.24

そう、プリンタインクです。100均のもので十分です。
このことは、たのしい教育研究所を設立する以前から何度もためしたことがありました。私自身の〈折染め・折り染め歴〉がおそらく30年近くになります。その数年後にはためして気づいていました。しかし、その頃のプリンタインクは高価で、折り染め用の染料を入手するよりお得です、ということでもありませんでした。しかし100均が簡単に利用できる様になってからは、逆に「折り染め染料よりおすすめです」という様な話もしています。

 プリンタインクは顔料(粒が大きい)と染料(粒が小さい)とがあります。
 100均のインクはほとんど染料です。
 つまり繊維にどんどん染み入ってしっかり染まるのです。

スクリーンショット 2015-06-12 20.52.33

ほんの1〜2滴で十分です。スクリーンショット 2015-06-12 20.52.41 スクリーンショット 2015-06-12 20.52.46水でかなり薄めるとパステル的な淡い色を出すことができます。
わたしはこの色合いが好きです。
これくらいだと、書道の用紙にしてもいい味を出してくれると思います。

出来上がりをごらんください。

スクリーンショット 2015-06-12 20.52.56

もちろん濃くクッキリと染めることもできます。

スクリーンショット 2015-06-12 20.53.03

このアジサイは、プリンタインクでしっかり染めた折り染めで作りました。

スクリーンショット 2015-06-12 8.07.33 以上、いかがでしょうか。1日1度のここの「いいね」クリックで〈たのしい教育〉を広げませんか➡︎ いいねクリック=人気ブログ!=ジャンプ先でもワンクリックお願いします!

 

良く読まれている記事