「ことりのうち」 さとうわきこ (福音館書店)

『ことりのうち』 さとうわきこ(福音館書店)

ことりのうち

ばばばあちゃんのおはなしシリーズの中の1冊です。

今回は「小鳥の声を聞いてると気分がいいね・・・」ということで
小鳥のうちを作って、小鳥の声を聞きながら昼寝をしようとします。

ところがそこに大きな鳥がやってきて昼寝どころではなくなります。
おばあちゃんのやることが愉快です。

最後は大きな鳥の巣にみんなで寝ちゃうんですけど
主人公のおばあちゃんが私は大好きです。

年をとってもこんなおばあちゃんでいられたらいいな~と思います。
ばばばあちゃんシリーズはたくさんありますが、
初めて出会った『いそがしいよる』は十数年前に読んで
「このおばあちゃんいいな~」とファンになりました。

いつもたのしいことを考えて、
何があってもおもしろいことにかえてしまうんです。

人生はたのしまなくっちゃね(^^
by ひなぎく

 

関連記事はこちら

良く読まれている記事