よもぎ茶=たのしいアウト・ドア入門

 よもぎがたくさんあったので、よもぎ茶にしたところ、かんたんな上にとてもおいしかったので、研究所に来てくれる人たちに飲んでもらったら、これが大好評でした。

 研究所のテーマの一つが「たのしいアウト・ドア=たのしい環境教育」です。

 よもぎ餅などを食べたり、沖縄の伝統的な料理「フーチバー・ジューシー(よもぎ おじや)」などで味わっている子ども達もいるので、もしかすると、大人だけでなく子ども達も「意外といけるね」と言ってくれるかもしれません。
 興味のある方は、ためしてみませんか。

 つくり方をかんたんにまとめてみました。
 子ども達に味わってもらうなら、薄めがよいでしょう。

%e3%82%88%e3%82%82%e3%81%8d%e3%82%99%e8%8c%b6

 よもぎは、わたしの授業プラン「アウト・ドア入門」で、天ぷらにしても大好評の食材です。しかも日本中どこでも手に入る、といってよいほどいろいろなところに生えています。研究所の近くの公園にも生えていますし、立山の山嶺にも生えていました。
 キャンプのときの食材にもうってつけのすぐれものです。
 お茶にしても美味しいので、さらにわたしの評価が高くなりました。

 スタッフが調べたところによると、健康にも良いということで、ガンを予防するとかいろいろな効能があるようですけど、そこらあたりは、わたしはよくわかりません。

たのしいことがいっぱいの
「たのしい教育研究所」です

ハワイ マウナケア雲の上の絶景/この星の美しさを伝えることは大切な環境教育

 今年2016年の冬2月、沖縄県の仕事でハワイに行った際、ハワイ最高峰マウナケアの山頂4205mに登りました。

 そこで偶然出逢い友人になったアメリカ人Mr.Alison.からメールが来ました。
 かいつまむと、こういう内容です。

元気にしていますか、Mr.きゆな。
あの時のハワイのマウナケアは素晴らしかったね。
もしその時の写真があったら送ってもらえないだろうか。

 Alisonさんは夫婦でマウナケアに来ていて、ちょうど私が二人を撮ってあげた写真もあったので送ってあげました。

 肖像権もあるので、ここにはAlisonさんたちの顔が逆光で顔が見えていない一枚と、それから一緒に送ったハワイ最高峰からの美しい写真を載せます。

ハワイ最高峰マウナケア4205mの夕日です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-23-20-40-23  この日のマウナケアは、私たちの上にも下にも上にも雲が広がっているという絶妙なタイミングで、雲の隙間から入ってくるトワイライトが美しい彩りを、刻々と変化させて見せてくれました。%e3%83%8f%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%83%8a%e3%82%b1%e3%82%a2%e5%b1%b1%e9%a0%82%e3%83%8f%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%83%8a%e3%82%b1%e3%82%a2%e5%b1%b1%e9%a0%823%e3%83%8f%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%83%8a%e3%82%b1%e3%82%a2%e5%b1%b1%e9%a0%822 この星の美しさは息をのむばかりです。

「環境教育」が大事だという話はいろいろなところで聞きますが、この美しさを伝えることを抜きにして、わたしは環境問題の大切さを語ることができません。

環境教育もたのしく
「たのしい教育研究所」です

たのしいアウトドア教室(沖縄)の構想

 某日、たのしい探検隊のメンバーで、やんばるの森にしかけたクワガタムシのトラップを確認しに行ってきました。

 4つ仕掛けたトラップの2つは残念なことにカラスか何か他の生き物に荒らされてしまっていて、のこり2つに数匹のクワガタが入っていました。

%e3%81%9f%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%84%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%88-%e3%83%88%e3%82%99%e3%82%a2%e3%80%80%e3%82%af%e3%83%af%e3%82%ab%e3%82%99%e3%82%bf%e3%83%a0%e3%82%b7

%e3%81%9f%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%84%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%88-%e3%83%88%e3%82%99%e3%82%a2

 今回のたのしい探検隊をリードしてくれたのは北部に住むS先生です。

  S先生と一緒に考えているのが

・たのしい釣り教室
・たのしい虫とり教室

の2つです。

 これにわたしの

・食べられる野草 教室
・たのしいエビとり教室

を加えて、まず4本くらいのアウトドア教室メニューを組み立てようと思っています。

 一回の人数を5〜6人くらいにしておくと、かなり満足いくものができそうです。

 人間はもともと自然と一緒に暮らしてきましたから、DNAの中に自然を愛する気持ちがしっかり刻まれているはずです。
 しかし、子ども達も大人たちも、日々の忙しさと、物理的にも精神的にも自然が遠くなっていく社会の中で、その気持ちを忘れがちになっているのでしょう。

 指導でも説教でも勧めでもなく「快感」としてのアウト・ドアを伝えたいと思っています。

 ご期待ください!

沖縄でクワガタムシ捕り 夜にトラップを仕掛けにと

某日、友人と二人、夜やんばるの森に出かけていきました。

クワガタムシのトラップを仕掛けに行くためです。
湿った夜の森にSくんと私の足音がザクザクと鳴っています。

%e3%82%af%e3%83%af%e3%82%ab%e3%82%99%e3%82%bf%e6%8d%95%e3%82%8a4 トラップはバナナ。
 Sくんはとても手慣れた手つきで仕掛けを作りつつ
「きゆな先生、いっぱい捕れそうですね!」
と生き生きとした声を夜の闇に響かせます。

 

%e3%82%af%e3%83%af%e3%82%ab%e3%82%99%e3%82%bf%e6%8d%95%e3%82%8a3 木の根元にクワガタがいました。
 数日後、トラップを見に行くのがとてもたのしみです!
%e3%82%af%e3%83%af%e3%82%ab%e3%82%99%e3%82%bf%e6%8d%95%e3%82%8a2%e3%82%af%e3%83%af%e3%82%ab%e3%82%99%e3%82%bf%e6%8d%95%e3%82%8a

こういうアウトドアの楽しみも子ども達に伝えたいと思っています。
機が熟したら、たのしい教育研究所アウトドア講座を開催したいと思っています。
学校にいてはなかなか難しい授業の1つですが、とてもたのしみなものの1つです。

  たのしい教育の可能性がどんどん広がる
今日この頃
たのしく元気な「たのしい教育研究所」です