あっという間にできる「竹(紙)とんぼ」の開発|接着剤は使いません|たのしいグッジョブ授業プラン

研究所の仲間たちと開発が進んでいる
「たのしいグッジョブ授業プラン Vol.2」
に興味を持ってくれている方たちからたくさん連絡を頂いています。

授業プランは、沖縄県の子ども達が自分の夢を広げていろいろなステージで活躍し、沖縄がもっともっと元気になる活動「みんなでグッジョブ運動」の一貫で作成されています。

プランについて問い合わせてきて下さった方たちには直接お渡ししているのですけど、ほぼ、うまくいくことがわかりましたので「接着剤を使わない 竹(紙)トンボ」について、少しまとめて書かせて頂きます。

遊びの道具だと思っている人も多い「コマ」ですが、その知恵と工夫が現在の科学技術に重要なものとなっている という話を前に紹介しました。

「竹(紙)とんぼ」の知恵と工夫は、何か科学や技術の進歩と関係するのでしょうか?

もちろんです。

竹とんぼをヨコにしてみてください。
扇風機とそっくりです。

そのまま上に飛ぶ力でヘリコプターや、ドローンに応用されています。

ドローン
他にも数々あります。

ですから「竹(紙)トンボ」を「グッジョブ・キャリア教育」の「知恵と工夫編」で取り上げる意義はとても大きいものがあります。

が、問題は、子ども達が作成するときにボンドなどの接着剤を使うということです。

そうすると必然的に乾燥までの時間がかかります。

またものづくりが苦手な子は、うまくいかずに失敗する可能性も出てきます。

瞬間接着剤という手もありますが、低学年の子ども達には安全面で心配です。

そうやってずっと考えていたのですけど、あるときに閃きました。

ずっと考え続けていると突破口が出てくるものです。

ホチキスを利用するのです。
100均で素材のアイディアを考えながら歩いている時に思いついて、これは画期的なアイディアだと、思わず「素晴らしい」と声に出してしまいました。

研究所に問い合わせてくれた方たちにはお送りしているのですけど、つくり方はこうです。

興味のある方はぜひ学級や家庭でためしてみませんか。

子ども達のいろいろな知恵と工夫がどんどん出てきています。

 

つくり方のスタンダードバージョンです。
もっとよく飛ぶ牛乳パックとんぼの開発に挑戦してみてください。

 

スクリーンショット 2015-12-24 18.53.06

 

沖縄グッジョブ、沖縄の学力問題を
たのしく元気に解決する「たのしい教育研究所」です

特別支援教育でもグッジョブ・キャリア教育|たのしいグッジョブ副読本の作成

いろいろな方たちにご協力を頂いて作成が進んでいる
「グッジョブ副読本Vol.2」の教材、
「紙トンボ(牛乳パック&ストロー)」と
「しんぶんゴマ」
の授業づくりがすすんでいます。

興味を持って下さった先生方や、こちらから「試してみていただきたい」と呼びかけてご協力頂いている先生方から、どんどんその授業の結果・評価が届いています。

特別支援教育の対象の子ども達が、この教材をたのしんでもらえるかということで、数名の先生方にたのんでおいたのですけど、その結果も出揃ってきました。

少し時間を長めにとれば、特別支援教育の学校やクラスでも実施できることがわかりました。
寝たきりの子ども達・肢体不自由の子ども達には実施は難しいようですが、そうでなければ、知的にハンディーがある子どもたちも十分にたのしんでくれるという評価が出揃ってきています。

あえて普通学級のクラスでの実施の様子とまぜて掲載いたします。
顔などが分からないように切り取りましたから、見えにくいところもあるかもしれませんが、たくさんの子ども達がニコニコたのしみながら授業を受けてくれています。

スクリーンショット 2015-12-24 17.38.27
スクリーンショット 2015-12-24 17.56.25 スクリーンショット 2015-12-24 17.27.03

 

ハンディーのある子ども達も将来、自分の仕事を探していくことになります。
それはその子にとっても、家族の方たちにとっても大きなテーマの一つです。

今回頂いたメールには、子ども達がとてもたのしんで授業をうけている、ということに加えて、こういうことが書かれていました。

「特別支援教育では自立活動の中で手先の器用も重視した授業を意識しているのですけど、この教材は、まさにうってつけです」

 

こういうメールもありました。

「将来の仕事として作業所にすすむ子ども達も少なくありません。こういう教材をもっと開発して、その子の将来の仕事にも結びつくものをたのしく授業してあげたいです」

想定していた以上に、いろいろなところで高い評価が得られています。

授業にご協力いただける方はお問い合わせください。

 

たのしくかしこく「たのカシの木」をすくすく育てよう
「たのかしプロジェクト」推進中!
ちなみに「日本最大の樫の木」は沖縄の国頭村にあります

沖縄の学力問題をたのしく解決する
たのしい教育研究所です!

たのしいキャリア教育・グッジョブ授業プラン|しんぶんゴマで盛り上がる!

読谷村の子ども達に授業をしてきました。

20名程度と言われていたので、多く見積もってて30人分の教材を準備していたのですど、ふたを開けると40名くらいの人数でした。

材料が足りるか心配しましたが、「もしかしてもっと増えていたら」と考えて荷物を準備してくれた方がいてギリギリで間に合いました。

まず、たのしいグッジョブプランの教材の
『しんぶんゴマ』をたのしみました。

4歳の子から小学校6年生までの幅のある年齢の子ども達だったのですけど、早い子は7〜8分、遅い子は15分くらいかかったでしょうか。

しんぶんゴマ① しんぶんゴマ②

小さな子もたのしんでくれています。

しんぶんゴマ③

コマの回し方は少し練習が必要ですけど、ここなさんという子が指と指の腹ではなさんで回す方法を開発してくれて、けっこう長くまわっていました。

遊びの道具から出発した『コマ』が、いろいろな人達の知恵と工夫を加えていくうちに、宇宙を飛ぶ人工衛星には欠かせないものになっている話に、子どもも大人もびっくりしていました。

人工衛星はやぶさの中にも3つのコマが使われていて姿勢制御には欠かせない重要なパーツの一つです。

授業は人間の知恵と工夫が、単なる遊びに終わらないことは、この続きの「牛乳パック竹とんぼ」で更に感動的に伝えていく流れで構成されています。

感想・評価もとても高く、 たのしいキャリア教育の授業づくりもどんどんすすんでいます。

たのしい教育に全力投球
「たのしい教育研究所」です

授業希望の方は気軽にお問い合わせください

先生方の研修会で「しんぶんゴマ」

たのしいキャリア教育/たのしいグッジョブ授業プランの研究開発にたくさんの方たちが関わってくれました。

今週は先生方の研究会で「しんぶんゴマ」を取り上げてくれた方がいます。
「大人のしんぶんゴマ競争も、とても盛り上がりました」
という報告・実験結果が届き、喜んでいます。

もりあがり過ぎて写真をあまり取ることができませんでした、ということでしたけど、その時の様子の一コマから、子どもの様に盛り上がっていることがわかります。

スクリーンショット 2015-12-19 20.52.01 スクリーンショット 2015-12-19 20.52.48
切った新聞を巻くときに、あらかじめたたんでおいて短くしてから巻くとよいこともわかりました!

いろいろな人達の工夫のおかげでどんどん研究が進んでいます。

たくさんの方たちがしんぶんゴマの工夫をたのしんでくれる結果も出揃ったので、明日は研究所のスタッフで読谷村の子ども達にたのしいキャリア教育の授業をしてきます。

 ご協力ありがとうございました。

毎日たのしい教育に全力投球
沖縄の未来は賢くたのしい教育から!
「たのしい教育研究所」です