今年はあなたが可能性を広げる年です 元日のたのしい教育研究所のデコレーション

  たのしい教育研究所のウェルカム・スペースは元日バージョンになっています。クリスマスの頃はガリレオの頭上にはクリスマスリースがきらめいていましたが、New Yearは七五三縄(しめなわ)です。不思議な発見ですが、ガリレオにはいろんなオーナメントが似合います。節分の鬼のお面を頭の上にちょこんの載せても似合いそうです。クリスマスの花ポインセチアはかなり元気なので年が明けても周りを明るくしてくれています。

%e5%85%83%e6%97%a5%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%84%e6%95%99%e8%82%b2%e7%a0%94%e7%a9%b6%e6%89%80

 ウェルカムボードは研究所のO先生の力作です。画質の関係で細かいところは見えづらいとおもいますが、隅々まで工夫されています。

%e3%81%9f%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%84%e5%8f%af%e8%83%bd%e6%80%a7 ボードには、こう記されています。

新年あけましておめでとうございます。
 たのしい教育研究所も五年目の勢いにのり
 ますます元気にたのしく活動を続けています。
  研究所では、いろいろな方達が自分の可能性を
 どんどん伸ばし活躍しています。
 今年は、あなたの可能性を華開かせる時です

  先日、いろいろな学校から先生方がやって来て新春勉強会を実施しました。

 この画像の左に掲げられた絵は研究所のI先生の力作です。毎年〈干支〉にちなんだかわいい絵を水墨で描いてくれます。この絵の周りに、たくさんの人たちが2017年の夢・目標を書き込んで行き、絵がどんどん大きくふくらんでいきます。

%e9%85%89%e5%b9%b4  その夢と目標が華開き、これまでも、いろいろな人たちが研究所で才能を開花させて来た日々です。
 明後日も先生達が門を叩きます。
 来週は中部の小学校での親子先生方向けの授業があります。
 たのしい教育Cafeもあります。
 グッジョブのターミナルサイトの公開ももう直ぐです。

 今年もたのしみでなりません。
 ますます元気に活躍する「たのしい教育研究所」です。

こちらの「いいね」クリックで〈たのしい教育〉を広げませんか
➡︎いいねクリック=人気ブログ!=

たのしい教育Cafe 新春第一回目 開催します!

たのしい教育Cafeの新春一回目が来週開催されます。場所は「たのしい教育研究所」〈沖縄市第3研究所〉です。人数が10名くらいのスペースですから、ご希望の皆さんはお早めにお申し込みください。教師限定ではありません。地域で子ども達と接している方、グッジョブ関係の方、将来教育関係の仕事を目指している方、企業の教育担当の方など、広く〈教育〉というジャンルで考えていただいて結構です。
 月一で、しかもリーズナブルな参加費でこってりたのしく学べる〈たのCafe〉は、とにかくおすすめです。

 担当M先生からの案内を掲載します。

たのしい教育Cafe===============

新年明けましておめでとうございます^ ^

新しい年になり、新たな気持ちで素晴らしい一年になるように、一日一日を大切過ごしていきたいですね。

先月のXmasスペシャルも充実した内容で、とても楽しかったです。

今年も毎月のたのcaféでお会いできるのを楽しみにしています。

さて、今月のたのcafé内容詳細です。
今月も盛り上がっていきましょう‼︎

(予定)
①たのしい授業プラン 喜友名先生
②  〃       K先生
③  (世界がもし100人の村だったら)わたし
④わくわく読み語り S先生
⑤うまくいったコーナー
 ★プラス 自由発表
※その他に発表したい方は事前に連絡ください。

講師の皆さんよろしくお願いします。

日時:1月18日(水) 18:30 OPEN〜  片付けまで21:30
参加費:1,000円
教材費:200〜300円程度 (日によります)
飲食費:200円教材費 美味しいコーヒー飲み放題

講師の先生の準備もありますので早めの申し込みをお願いします。
参加者が定員に達しますとおことわりする場合もあります。

☆連絡先☆ こちら⇨ クリック

こちらの「いいね」クリックで〈たのしい教育〉を広げませんか
⇨いいねクリック=人気ブログ!-

教員採用試験合格ノート/試験に合格することと幸せ

 新年になって研究所のわたしの部屋を整理しています。「探せない資料は無いより悪い!」その言葉は教師をしていた頃、わたしが〈きゆな研究室〉と看板を掲げていた理科準備室に張ってあった言葉です。現在の研究所の資料は仲間たちが整理してくれているのでかなりわかりやすくなっています。私個人の書籍や資料はあまりにも膨大なので電子化してコンテンツを統一してあるのですぐに探すことができます。しかしペーパーで残したい資料もまだかなりあるので、今回はそれらを整理してみました。

 採用試験の問題特訓などで私が書きためたノートをまとてめみると、手近にあるものだけでかなりの量になりました。

  合格のノウハウが詰まったマル秘ノートなので、タイトルを少しぼかしておきます。これにプリント資料集や、他の場所に分散されたノートを並べると4倍ではとどまりません。もう一人の指導者のノートもこれくらいはあるでしょうから、大変なボリュームに驚かされます。

%e6%95%99%e5%93%a1%e8%a9%a6%e9%a8%93%e5%90%88%e6%a0%bc%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88

 現在は、今年2017年7月実施される〈沖縄県 教員採用試験の一次試験合格〉に向けてたのしい教育研究所の合格プロジェクトが進行中です。

 プロジェクトに関わる全員が実際に採用試験を突破してきているので、その特訓は他の追随を許しません。困難な時間のやりくりをしながら受験勉強をするすべ、集中して学ぶための方法、受験で学んだ内容が実際の学校教育の現場でどう活かされるかかなど、実際に教師として体験した中から、合格する力を伝えるので、塾や専門学校とは根本から違います。だからこその県内トップの合格率なのでしょう。そして、特訓を受けて合格した人たちの多くが、合格したのちも研究所の門を叩くということも、塾や専門学校ではみられない光景だとおもいます。

 管理職を目指している先生に先日合格カウンセリングをしました。わたし自身は管理職を目指すのではなく、〈たのしい教育の実践家〉としてずっと進んできましたが、合格プロジェクトに直接携わっているA先生は自ら管理職を経験し、その中でたくさんの管理職を育ててきました。ですからその特訓ノウハウも他の追随を許しません。

 しかしそういう合格ノウハウではなく、その人が合格したのちにたのしい教師生活を過ごすことができるのかどうかが大切です。
 合格特訓の中で〈たのしい教育〉をたくさん学んでもらっています。

%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%99%ef%bd%93  新年早々、またたのしい企画が進行し、3月5日(日)に「たのしい教育研究所」の講座が開催される予定です。こういう中で、子ども達や、先生達の笑顔が広がっていく、そういう技を身につけていくことが豊かな教師生活を保障する糧になります。それは管理職であっても同じです。部下である先生達の笑顔が生まれる方向で学校を運営できるのかどうか、それが勝負です。ですから、管理職の方達にも、実践的なたのしい教育を学んでもらいたいという事も考え始めています。

こちらの「いいね」クリックで〈たのしい教育〉を広げませんか⇨いいねクリック=人気ブログ!-

  いずれにしても、たのしい教育という活動そのものが、たのしくてなりません。

 2017年もたくさんの、たのしい先生たちを現場に送り出したいと思っています。

  みなさんのたのしい関わりをお待ちしています!

 

すばらしい山だな・・・新しい年に富士山を見ながら想っていたこと

 アウトドアも大好きで、ホテルもいいけど、テントを張ってバーナーでお湯を沸かし琥珀の珈琲をたてて呑むのも最高です(そういう目でみると都会でそういうことができる場所は見当たりませんね。必需品のナイフでも、職質で警察官にこっちにきなさい、と言われてしまいかねません)。

  これまでいろいろな山を歩きましたが、今年2017年の幕開けは、富士山を見ながら初陽を眺めるという贅沢な時間をすごすことができました。

%e5%88%9d%e5%af%8c%e5%a3%ab%e3%81%af%e3%81%9f%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%84%e6%95%99%e8%82%b2%e7%a0%94%e7%a9%b6%e6%89%80%e3%81%ae%e6%a7%98%e3%81%a6%e3%82%99%e3%81%99

 富士山を眺めながらつくづく「いい山だ」と感動していました。そして「たのしい教育」がまるで富士山の様に美しく素晴らしい山だと思えて、そう思えたことがとても嬉しく、感動的な年の始まりになりました。

 新しい年に研究所に学びにきた先生たちに話した言葉があります。

こちらの「いいね」クリックで〈たのしい教育〉を広げませんか
➡︎いいねクリック=人気ブログ!=

 みなさんはたのしい教育という高い山のまだ麓のあたりを歩きはじめているとおもいます。
 この山は登れば登るほど惚れ惚れする様な山です。

 この山を30年以上味わっている私ですら、歩き続けてまったく飽きるということがありません。

 いい山に登り始めましたね。

きゆな はじめ

そういう話です。

 日本人は謙遜を美徳とする民族だといいますが、いいものはいい、大したことはないものは大したことはない、そういう日本刀の切っ先の様な感覚も大事です。私は武術家なので、そういう感覚は他の人たちよりも研ぎ澄まされているとおもいます。

 2017年、これを読んでくれている方が「たのしい教育」という魅力ある山に一歩足を踏み出してくれることをたのしみにしています。