不思議な葉っぱ/9月のたのしい教育ワークショップから

 数日前の〈たのしい教育ワークショップ〉で講師の昌代先生が準備してくれた教材が数々あって、企画した私自身が「生活科」というのは土の香りのする素晴らしい教科だと感動しました。

〈香り〉をテーマにした授業。

 

〈形〉をテーマにした授業などいろいろあった中で、とても気になったのがこの葉っぱです。

 まるで絵を描いて途中でとめた様な模様になっています。

 何の葉か?

校庭にあった〈ゴムの木〉の葉だそうです。

けっこう大きな木ですね。

 観葉植物としても販売されていて、同じ様なデザインがみえています。

 それにしてもどうして、こんなおもしろい模様ができるんだろう。

 みなさんはどうしてだと思いますか?  

 いろいろ調べてみているのですけど「ほんとかなぁ~」という気がして、問題意識をもってこれからもみていこうと思っているテーマの一つになりました。

 クロトンなども、ゴムの木の様な模様に近いものがあるのでしょう。

 世の中はふしぎさにあふれています。

 そのふしぎさの謎を解くことは、とてもたのしいことで、周りの人たちの笑顔につながることもたくさんあります。命を救うことにつながることもあります。

 自由研究は夏休みの課題にしておくような小さなものではありません。みなさんもいろいろな不思議さを探して、自由研究をたのしんでみませんか。

① たのしい教育全力疾走RIDE(たのしい教育研究所)、みなさんの応援が元気の源です。一緒にたのしく賢く明るい未来を育てましょう。このクリックで〈応援〉の一票が入ります!

② たのしい教育をより深く学び、より強く応援するための〈たのしい教育メールマガジン〉を一年間購読してみませんか。カウンセリングや講座、文章ドクター等の割引、教材購入の割引等の特典もあります

春本番のウェルカムステージ|貴重なボタニカルアート

たのしい教育研究所のウェルカム・ステージは、いろいろな方達が注目してくれます。

春本番のステージは、こうです。ボタニカルアート3

よく見ると、ボタニカル・アートになっています。

ボタニカルアート2

絵に見えるかもしれませんけど、実は、押し花をカラー縮小コピーしたものです。

たのしい教育を初期の頃から一緒に取り組んできたHideさんと、うちの研究員のKazuさんの作品です。

おもわず立ち止まって、見入ってしまいます。ボタニカルアート

五月までは、いろいろな方達に公開してあと、夏バージョンにかわります。

たのしい教育研究所を尋ねる方は、ぜひじっくりごらんください。

たのしい教育を通しておとどけするのは、力と笑顔と元気です。

沖縄から世界に発信する「たのしい教育研究所」です!

画像

発見 ガリレオがスケッチした月に半月よりもっと膨らんだ月は無い! なぜ?(1) 自由研究

前にこのサイトにUPした「ガリレオが見た月」という観察プランの構成をさらにすすめている。
images-1 当然、気づいている人もいるだろうけれど、私はこのプランをまとめる中で発見した。

ガリレオがスケッチした月に半月よりもっと膨らんだ月はないのだ。

もっとも明るい月で、半月よりほんの少しふくらんだ月なのだ。

なぜか?

私には、ほぼそうだろうという予想があるけれど、明日の「たのしい教育Cafe」で皆の意見を聞いてから、UPする事にする。

皆さんも予想していてください。

 

センス・オブ・ワンダー 雲 編

スクリーンショット 2014-09-02 10.04.30レイチェル・カーソンの「センス・オブ・ワンダー/sense of wonder」は、いろいろな人にお勧めしたい一冊です。

波の音、足下に広がる地衣類、いきものたち…
自然の驚きを感じる心をもとう、と呼びかけてくれる本です。

わたしは毎年この頃は、雲のすごさに目をみはります。
そのダイナミックな姿に、
「お〜」という驚きの声を発しながら車を走らせています。

ゴジラの数百倍の迫力を感じます。
沖縄の夏はすごい。

スクリーンショット 2014-09-02 9.43.13 スクリーンショット 2014-09-02 9.44.41 スクリーンショット 2014-09-02 9.45.01スクリーンショット 2014-09-02 10.02.20四枚目の写真の右端をよく見ると、きりとられたような虹が見えています。

宇宙博2014

この夏は、幕張メッセで「宇宙博」、後楽園では「TenQ」、現代美術館では「宇宙×芸術」と、たくさんの宇宙イベントがありました。
幕張の宇宙博に行ったときの、朝日新聞者の号外を手に入れてきました。
デザインがいいですね…星出さんの写真が一面です。

無題