[一般の方向け]7月のたのCafeは7/29(日)19:00~アウト・ドア「月と火星と美味しい食べものと」もうすぐ席が埋まります/8月19日(日)午前:講座-とってもたのしい自由研究/教員試験二次試験実技特訓:研究所の講座を積極的に受講している方対象/〈たのしい教育〉を学ぶならまず「メールマガジン」好評受付中/ボランティアスタッフ・嘱託スタッフ募集中/教育カウンセリング・論文ドクター(有料:随時受付)
☆☆研究所からの〈返信メール〉は遅くとも三日以内に差し上げています。届いていない場合にはメール受信設定の不具合だと考えられます。電話番号を書き添えていただくと安全です☆☆

菜の花の雌しべの柱頭はハート形か? 自由研究こそ本物の研究

この記事は、前回の続きになります。まだの方は一つ戻って予想を立ててからお読み下さい。自由研究こそ本物の研究シリーズです。

さて、予想を立ててみたでしょうか。
わたしの予想は〈菜の花の雌しべの柱頭はハート形である〉です。
前回の写真がこれです。この写真一つをもってハート型である、と断定するわけにはいきません。

 その予想をもとにいろいろ観察してみました。
 ここに顕微鏡写真があります、ごらんください。

 菜の花の柱頭は〈ハート形〉というわけではありませんでした。

 たまたまハートに似ていたものがあったのか、角度や影の様子で、それに近い形に見えたのか、というところでしょう。

 ハート形だったらおもしろかったのに、と思いつつも、そうではない、という結果になりました。しかしこのことは〈予想〉を立てたからわかったことです。
 「真理に至る元に〈予想〉あり」です。

 みなさんも、予想を立てていろいろなものごとをみていきませんか。こちらの「いいね」クリックで〈たのしい教育〉を広げませんか-いいねクリック=人気ブログ!-

良く読まれている記事