⭕️ コロナ感染対策として参加者へは殺菌、体温チェックなど公立学校レベルの対応をお願いしています。プラスしてRIDE室内は大型ファン2台で強制吸気と強制換気で排気の流れを作っていますから高い安全性を確保しています
⭕️ たのしく講演・授業・ワークショップ・スーパーバイズ・カウンセリング・企業研修 その他、お問合せください!
⭕️ 教員試験合格SV実施中!(受講には要面接)/「たのしい教育メールマガジン(有料)」/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付

カウンセリングの大きな変革〈PEALカウンセリング〉 のすすめ

 このサイトを読んでいる方の中に〈カウンセリング〉の研修を受けたことのある方はどれくらいいるでしょうか。
 私は学生時代から心理学系を好んでいたのでカウンセリングも学んでいたのですけど、教師になってから何度もカウンセリングの研修を受けてきました、文科省が力を入れて来たからです。私だけでなく、教師は100パーセントカウンセリングの研修を受けています。

 では教師のどれくらいの割合が「カウンセリングできます」と答えるでしょう? 子どもの相談にのることができます、というのではなく〈カウンセリング〉の手順ですすめることができるかです。

 ほぼ全員でしょうか。
 7~8割でしょうか。
 いや半分くらいでしょうか。
 2~3割でしょうか。

 どう予想しますか?


 私はたのしい教育を媒介に、いろいろな先生たちと付き合っているのですけど、「カウンセリングできますか?」という質問に「はい」と答えた人に出会ったことがありません、100人近く聞いて来て0です。

 たのしい教育を学んでいる先生たちは、子ども達と関係がよくなるので、子ども達に頼られて、いろいろな相談事も増えてくると思うのですけど、そういう先生たちでも「はい、できます」と答えてくれる人は皆無でした。

 おもしろいことに、某流派のカウンセラー免許を持っている複数の先生たちに質問してみても「はい、てきます」と答えることはありませんでした。

 強引に記憶をたどると、十年くらい前、どういう脈絡でそういう話になったのか記憶にないのですけど、職員会議の時に「自分は○○先生からカウンセリングを学んでいます」と自信たっぷりに語っていた先生がいました。○○先生というのは、その当時、月に一度、学校を回っていた退職した校長先生のことだったと思います。私が尋ねたわけではありませんけど、それを二度繰り返していたので、〈その先生はカウンセリングができるだろう〉とカウントすると、1パーセントくらいの先生がカウンセリングができると自負しているということになります。

 つまり、文科省が〈多くの問題や課題を解決するキーになる〉と予想して、莫大な予算を投じたカウンセリングへの取り組みであるにもかかわらず、ほとんどの先生はカウンセリングができるとは思っていないわけです。

 そもそも、カウンセリングというものは何をどうやって、どこに話をすすめていけばよいのかわからないという人たちがほとんどです。

 これは私の周りの先生たちに限るわけではなく、全国的に同じ傾向だと思うのですけど、どうでしょう。

 たのしい教育研究所のPEALカウンセラー養成講座を実施しています。
その人たちの実力を見て、PEALカウンセリングの構造の確かさを感じています。
 自分の力の確かな高まりを感じて試験を受けたいという人たちも出て、みごと合格しPEALカウンセラーの資格を複数の方たちが手にしています。今後の活躍がたのしみです。

 年度内に2度目のカウンセラー養成講座を実施する予定です。

 問い合わせがいくつか届いていますが、たのしい教育の講座などを受けた方たちや〈たのしい教育メールマガジン〉で通信指導を受けている方たちを対象にする講座です。
 カウンセリングのみに関心がある、という方は、申し訳ありませんが対象ではありません、ご了承ください。

毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックが元気のバネです➡︎一緒に〈たのしい教育〉を広げませんか。簡単な方法があります。ここのクリックで〈応援している〉の一票入ります!

RIDE(ライド:たのしい教育研究所)はたのしいクリスマス!

なんだなんだ!!
明日から12月だって言って、スタッフさんが何やら準備をしているよーーー

ぼくもちょっと覗いてみよう😄

ひげがふわふわサンタさん!!
今年もOさんの力作 折り染めの赤い帽子もいいかんじ!

みんなの準備がたのしそうなので近くまで行ってみると。。。

いつものごとく、Sさんに抱きあげられてしまいました。。。

そしてこう。。。

スノーマンに見えるって言われてしまいましたが、
ア〜ルサンタですよ。

明日から12月
1年で一番好きな月です!!

毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックが元気のバネです➡︎一緒に〈たのしい教育〉を広げませんか。簡単な方法があります。ここのクリックで〈応援している〉の一票入ります!

修理はたのしい/コーヒーメーカー編

たのしい教育研究所(RIDE)にはコーヒー好きがいて、デロンギというイタリア制のコーヒーメーカーを使っているのですけど、少し前まではクイジナートという業務用のコーヒーメーカーを使っていました。さすがアメリカ制、〈12人分の大容量〉です。
しかも味もスッキリして美味しいので、今でも講座の時などに活躍してくれます。

 先日、研究所の講座の企画から細かいところまで面倒を見てくれているM先生から、秋の講座当日の朝「講座の時使っているコーヒーメーカーをチェックしてみたら〈グー、グー〉っという音が出た後、止まってしまいます」という連絡があり、めずらしくコーヒーなしの講座になりました。

 「おそらく、こういう不具合だろう」という予想があって、講座が終わって後、修理に入りました。

 すぐに直りました。

 道具を一つ使いました、何だか予想できるでしょうか。

 100均で手に入るもので、特にめずらしい道具ではありません。

 予想-使った道具

  〔            〕

予想してからね

予想してからね

予想してからね

 

これです。

 

 ハンマーです。

 グー、グーっと鳴っている部分あたりをコンコンと叩いていきます。

 ヘッドがタイヤの様な硬いゴムなので傷はあまりつかず、振動が中に伝わっていきます。

 もし金属製のハンマーなら、タオルを厚くしてその上をたたけばよいのです。

「きっと何かがギアにからまってストップしてしまうのだろう」というのが私の予想でした。

 その予想の元にコンコン叩いているうちに、ギアから何か硬いものが外れて、ちゃんと動く様になりました。

 今、研究所は二つのコーヒーメーカーが並んで味比べできます。

 カウンセラー養成講座で、活躍してくれそうです。

毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックが元気のバネです➡︎一緒に〈たのしい教育〉を広げませんか。簡単な方法があります。ここのクリックで〈応援している〉の一票入ります!

たのしい〈たのしい教育の歴史〉!

 複数あるたのしい教育研究所のラボに分散している教材や素材、資料を一ヶ所にまとめる作業をしています。

 たくさんの資料や書籍を廃棄して捨てられないものだけ残し、使える教材素材はどちらに保存をするという流れです。

 そんな中、こういうものが出て来ました、パソコンで利用するCDアプリのケースです。

 手にすると、ずいぶん懐かしい気持ちが湧き上がって来ました。

 たのしい教育のルーツは、伊良波さんが沖縄初のたのしい教育系の組織〈仮説サークル〉を名護市で立ち上げた時に遡ることができます、40年近く前のことです。

 サークルとはいえ実質的に二人だけの組織でした。

 講座などは伊良波さんがリードして私がサポートしていたのですけど、何しろ私も伊良波さんも細かいことは得意ではありません。

 本や教材を東京から取り寄せて、販売のコーナーを作っていたのですけど、お金の計算が苦手なので、教材や書籍を並べたテーブルに「自分で計算しておつりも持って行ってください」というメッセージを残してありました。



 あらかじめ、小銭を何千円分か入れておいて、講座が終わった時に回収というシステムです・・・システムとはいえないけど(・_・;

 もちろん収支の計算をすることはありませんから、数字が合っていたのかどうかわかりません。

 終わったら出版社や教材屋さんに支払いをするわけですけど、赤字になることはありませんでした。単純ミスでいくらかの間違いはあったかもしれませんけど、それは想定済みです。

 あの頃だからできたのだろうと思うかもしれませんけど、もしもまだ伊良波さんと私だけなら、ずっとこのシステムだったと思います・・・システムとはいえないけど(2回目)。

 おかげさまで、たのしい教育はどんどんたくましく広がりました。

 現在は合格SVとカウンセラー養成講座が毎週並列で実施される忙しい中で、次年度に向けた企画会議も進んでいます。

 12後半には〈たのしい教育cafeクリスマスSP〉があります。興味のある方はお問い合わせください。

毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックが元気のバネです➡︎一緒に〈たのしい教育〉を広げませんか。簡単な方法があります。ここのクリックで〈応援している〉の一票入ります!