[一般の方向け]教員採用試験ワークショップ4月コース:関係者へリーフ配布中/たのしい教育cafe 4/24(水)18:30~/沖縄市出前児童館(無料)2019/04.15~19:子ども対象、大人もボランティア参加可能/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付

教員採用試験合格特訓の様子/地球の公転と季節の変化

 週一回、教員試験合格を目指す先生たちに特訓の時間をとっています。私いっきゅうが準備に最も時間を割いているのがこの特訓です。
 学校の教師を早めに辞めた私にとって、集まってくる先生たちは教え子と同じとても可愛い存在、この7月の試験で全員合格してもらいたいと本気で考えています。
 
 これは地球の公転と気温・季節の変化について地球儀で説明しているところ。

 特訓では教員試験に実際に出題された問題をとりあげていくのですけど、解き方の効率やノウハウ重視ではなく、自分の腑に落ちる様な解き方をすることが結果的に合格につながります。そしてそのことが、教師になって子ども達に授業をする時の宝物になります。

 地球は太陽の周りを23.4度の傾きを保ちながら回っています。
 この角度が季節の変化を生み出しています。
 私いっきゅうはたのしい教育のエキスパートです。たのしい教育は面白おかしい教育ではありません。それを学んでたのしいという感覚、そして自分の思考の中にパチンとはまる感覚、そういったものを追求しているのがたのしい教育ですから、受験問題に関しても、似た様なアプローチですすめることが可能です。

 ただし、受験には独特の特訓も必要になってきます。頭の中にパチンとはまった後は、各自でスピードを出して解く練習に入ります。
 特訓の中では、本当にスピードよく解くことができるのか、試合感覚の時間もあります。他では体感できない内容であることは、合格していった人たちが口々に伝えてくれることですから間違いないでしょう。

 この週一回の特訓の時間は、わたしにとってもたのしい時間です。

 そして受講した一人ひとりも「今日もとてもたのしかった」と評価してくれています。
 ますます全員を合格させてあげたい気持ちがつのる日々です。
 大好評のたのしい教育授業プラン「ストローより愛を込めて」を生み出す頭脳全開で、また来週の特訓内容を練っています。
 来年、この先生たちが新採用教師として、いろいろな学校で活躍してくれると思います。

 四月から新しいコースが始まります。
 この読者の皆さんの周りにまだ採用試験を突破していない人たちがいて、その中で「この先生、早く本務の教師になって欲しい」と思える人がいたら、この記事を紹介してあげてください。
 研究所の活動に強く共感できる人なら受講可能です。
 リーフは研究所の関係者ごく少数の方達にしか配布していませんが、お問い合わせいただければ、お渡しすることが可能です。

毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね☆

良く読まれている記事