すばらしい山だな・・・新しい年に富士山を見ながら想っていたこと

 アウトドアも大好きで、ホテルもいいけど、テントを張ってバーナーでお湯を沸かし琥珀の珈琲をたてて呑むのも最高です(そういう目でみると都会でそういうことができる場所は見当たりませんね。必需品のナイフでも、職質で警察官にこっちにきなさい、と言われてしまいかねません)。

  これまでいろいろな山を歩きましたが、今年2017年の幕開けは、富士山を見ながら初陽を眺めるという贅沢な時間をすごすことができました。

%e5%88%9d%e5%af%8c%e5%a3%ab%e3%81%af%e3%81%9f%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%84%e6%95%99%e8%82%b2%e7%a0%94%e7%a9%b6%e6%89%80%e3%81%ae%e6%a7%98%e3%81%a6%e3%82%99%e3%81%99

 富士山を眺めながらつくづく「いい山だ」と感動していました。そして「たのしい教育」がまるで富士山の様に美しく素晴らしい山だと思えて、そう思えたことがとても嬉しく、感動的な年の始まりになりました。

 新しい年に研究所に学びにきた先生たちに話した言葉があります。

こちらの「いいね」クリックで〈たのしい教育〉を広げませんか
➡︎いいねクリック=人気ブログ!=

 みなさんはたのしい教育という高い山のまだ麓のあたりを歩きはじめているとおもいます。
 この山は登れば登るほど惚れ惚れする様な山です。

 この山を30年以上味わっている私ですら、歩き続けてまったく飽きるということがありません。

 いい山に登り始めましたね。

きゆな はじめ

そういう話です。

 日本人は謙遜を美徳とする民族だといいますが、いいものはいい、大したことはないものは大したことはない、そういう日本刀の切っ先の様な感覚も大事です。私は武術家なので、そういう感覚は他の人たちよりも研ぎ澄まされているとおもいます。

 2017年、これを読んでくれている方が「たのしい教育」という魅力ある山に一歩足を踏み出してくれることをたのしみにしています。

 

 

良く読まれている記事