たのしい桜の〈つぼみ見〉〈花見〉 予想を立てるとさらにたのしい

 毎年この頃は〈つぼみみ=つぼみ見=蕾見〉をたのしんでいます。  研究所の近くの小さな公園に桜の木が何本か植えられているので、その桜の花のツボミを眺めてたのしむのです。 「あー、つぼみがふくらんで来たなぁ」 「おー、つぼみがもう少しで花を開きそうだなぁ」 日々のそういう変化をたのしむのです。

 今日この頃は、もう開花した桜も目立って来ました。

さくら見

  「職場の花」という様にも使われるくらいで、〈花〉は目立つので、それで十分たのしめますが、蕾を見るのもけっこうたのしいのですよ。

 わたしが〈つぼみ見〉をしながら撮った写真を利用して紹介してみましょう。
 一息つくと大抵夜中になっていることが多いので、〈夜桜〉ならぬ〈夜つぼみ〉です。

 一見、こういう様に見えている桜も、立ち止まっていろいろ見ていると・・・

蕾見2

 こういう様に、膨らみはじめた〈つぼみ=蕾〉が見つかります。

つぼみ見  ひとつ見つけると、目がなれるのか、ふくらみはじめた蕾が、もっと見つかります。

蕾見

  その中には〈花びら〉の桜色が見つかることもあります。
 たのしくてなりません。

つぼみ見2 さて問題。
 この状態のつぼみが花開くまで、つまりこのページの一番はじめの花の様に開くまで、どれくらいの時間、あるいは日数かかるとおもいますか?

 予想
 ア.2〜3時間
 イ.半日(12時間)くらい
 ウ.1日くらい
 エ.2〜3日
 オ.その他

 答えをポンと書きたいところですけど、それぞれの自由研究として、ぜひ調べてみませんか。

 県外、国外の方たちもこのサイトをたくさん見てくれています。
 ぜひ、身近で桜の咲く季節に、調べてみてください。

 [工夫]
次に調べに行く時に、どのつぼみだったかな、と探せないことがよくあります。それで、こんなふうに、草のつるなどをまいて印をつけておくとよいですよ。

つぼみみ

 予想を立てて眺めると、たのしさがたくさん広がります。
 そして、たのしく賢くなっていきます!

「いいね」クリックで〈たのしい教育〉を広げませんか ➡︎ いいねクリック=人気ブログ!=

 

良く読まれている記事