花と親しむシリーズ 虫媒花と風媒花のお話

 花と親しむ、という話に感動した方から長いメールをいただきました。一部を要約すると「理科が大嫌いだったので、例えば風媒花とか虫媒花という様な言葉は呪文にしか聞こえず、テストで点数は取れるものの、〈もう勉強したくない〉と思い続けていました。たのしい教育研究所のサイトを毎日読んでいるうちに、それらが違和感なく頭の中に入ってくる感じがして嬉しいです。もっといろいろなお話を読みたいです」という内容です。
 そこで、前に書いた「花と親しむ」シリーズとして、もう少し書いてみたいと思います。

 花は花粉を他の花に届けるために〈風〉に乗せて届ける〈風媒花(ふうばいか)〉と、虫の体に花粉をつけて運んでもらう〈虫媒花(ちゅうばいか)〉とに大きく分かれます。もちろんそのどちらでもないという場合もありますから、大雑把な分け方として理解してください。虫媒花はカラフルで、蜜をたくわえています。生き物たちに来てほしいからです。 風媒花はそういう作戦をとらないので地味な色合いです。その分、大量の花粉を風にのせて運んでもらいます。花粉症の原因となるくらい、街全体に花粉を飛ばすスギなどは風媒花です。

では質問。
タンポポは虫媒花でしょうか、風媒花でしょうか。

タンポポの花は黄色のキレイな色をしていますが、風にのって綿毛が飛んでいきます。

 予想 ア.虫媒花
    イ.風媒花
    ウ.どちらでもある

    エ.どちらでもない
 

 この質問は、実際に子ども達がわたしになげかけたものでした。
 一瞬、クラスのみんなも「はてな?」と首を傾げていたことを覚えています。
 

 植物というはの私たち動物の様に移動することは困難ですから、生き残っていくためにいろいろな独自の工夫を重ねて来ています。
 〈虫媒花〉〈風媒花〉というのは〈花粉〉を雌しべにとどけるための工夫です。そうやって実がなり、タネができると、そのタネを遠くに広げる工夫もいろいろあるのです。風にのってタネを飛ばす方法、鳥などに実を食べてもらって、その中のタネをフンと一緒にどこか遠くに落としてもらう方法、下にポトリとそのまま落としてしまう方法、ポンと弾けてタネを飛ばす方法などいろいろです。

 たんぽぽがタネを風にのせて運んでいても、花粉を運ぶためにそうしているわけではありません。こうやって、ハチやチョウに運んでもらっているのです。ですからタンポポは虫媒花です。

 おしべの花粉を、めしべにどの様にして届けてもらうか、というときの分け方が〈虫媒花〉〈風媒花〉という分け方です。タネの飛び方ではありせんから注意してくださいね。

 さて、風にタネをあずけて運んでもらう植物はたくさんあります。
 たとえばカエデもそうです。1日1度のここの「いいね」クリックで〈たのしい教育〉を広げませんか➡︎ いいねクリック=人気ブログ!=カエデのタネは風にのってクルクルと舞いながら飛んでいきます。

 これがカエデのタネです。

 植物のタネに目をつけただけでも、たのしいことがいろいろ発見できると思います。
 散歩に出たら、自分でも植物のタネを探すといいと思いますよ。

 たのしいからこそ賢くなる!
 元気に伸びる、たのしい教育研究所です。

良く読まれている記事