[一般の方向け]教員採用試験ワークショップ本コース:随時受付中/沖縄市出前児童館(無料)11/12~16:子ども対象、大人も受講可能/好評受付中「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付/12月のたのしい教育cafeは〈クリスマススペシャル〉予定

たのしい教育活動の源泉は|いっきゅうさんの書簡に答えて

いっきゅうさんへ
書簡をいただき、ありがとうございます。

いっきゅうさんの文章にある、
「たのしい教育活動の広がりは、そういうモノを拠り所にしては
いけないのではないか、そういう事を考えているのです。」

あっさり書いてしまいますが、私も強く同感します。
先駆者効果(エリート効果)などで、たのしい教育活動は継続できません。
30年にもわたり続くはずもありません。

私が仮説実験授業を実践して、サークル活動に関わり、
継続できた原動力は、先駆者効果ではありません。
また、それだけでは、続くことは不可能でしょう。
では、何が私の行動を突き動かしたのでしょうか。

継続する源泉はなんだったのでしょうか。
それは、明らかに感想文です。
子どもたちの、私の授業に対する評価なんですね。

子どもたちの笑顔です。
仮説実験授業は子どもたちに授業後、

5 とてもたのしい 4たのしい  3 たのしくもつまらなくもない
2 つまらない 1 とてもつまらない

というたのしさの評価をとります。
又、授業の感想を書いてもらいます。
初めての感想を取るときには、授業の評価の結果はどうなんだ?

たのしいと感じていくれているのか?
等、とてもドキドキでした。
最初はおそるおそるだったのをまるで昨日の事のように
思い出す事ができます。

子どもたちの評価の結果は、私の予想以上でした。
8割以上がたのしいと評価してくれたのです。

その感想を読んでいると、この授業をやって良かった、うまくいったんだ、
本に書かれていることと同じ結果がでた、と充実感でいっぱいになりました。

まずは教師である私自身が、子どもたちの感想文によって
仮説実験授業の虜になってしまったんですね。
子どもたちは、授業はたのしく、わかったと評価してくれていますが、

科学に対して劣等感の強い私が、授業をすることで理解できていくのですね。
視野が開けていくようでした。
私のその時の様子をピッタリと表現している板倉さんの文章を紹介します。

私の作り上げてきた「授業書」は
ほぼ確実に子どもの心をとらえることに成功しました。
いや、その前に「教師の心をとらえることに成功した」といった方が
よいのかもしれません。

教師自身が「これを学んではじめて力学がわかった。
目の前が開けた。使えるようになった」と感ずることができたとき、
はじめてさまざまな困難をのりこえて、
これまで見られなかったような授業の実施が
可能になったのですから。

そして、教師がそう感ずることができたとき、
子どもたちはもっとその授業を歓迎し、
「こういうやり方でこういうことを勉強するなら、
もっともっと勉強したい」
というようになることがはっきりしてきたのです。
「たのしい授業の思想」26ぺ『たのしい授業の思想』(仮説社)

授業がたのしく展開することで、子どもたちは意欲的に学んでいき、
教師は教える意欲がでてきています。

さて、私の文章は説明不足でしたけど、御陰で、いっきゅうさんと
こうやって本気の意見の交換ができたという事は、
本当に「どっちに転んでもシメタ」ですね。

一日の読者の数もかなり増えてきました。
もしかすると、またこういう形でやりとりできるといいかなと思っています。

いかがでしょうか?

琉太郎

2014/08/07 たのしい教育活動の源泉は|いっきゅうさんの書簡に答えて はコメントを受け付けていません。 たのしい教育とは

良く読まれている記事