• [一般の方向け] 教員採用一次試験合格スーパーバイズ/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付
  • たのしい教育をすすめる教師は多くの人たちから評価されずには終わらない

     たのしい教育研究所に集う人たちの実力はとても高く、その実力は周りの人たちの笑顔と賢さを広げるものとして発揮されるので、ますますたのしさもが広がっていきます。

     その中核を担うメンバーから今年度もまた表彰(沖縄県)される人物が出ました。研究所をあげて大喜びです。たのしいパーティーで大いに盛り上がるでしょう。

    〈たのしい教育〉をすすめていくことは〈周りの人たちの笑顔〉を広げていくことと同義です。その笑顔はその授業を受けている人、たとえば子どもたちだけではなく、子どもたちの家族の人たちにも広がるでしょう。また同僚、上司の方たちにも伝わっていきます。
     たのしい教育は〈たのしく賢く仲良く〉が根幹にありますから、それをすすめていく結果として、たとえばこういう表彰という形で現れることにもなるのです。

     形としての〈表彰状〉は関係ありません。たのしい教育をすすめる教師は必然的に周りから評価されずにはいられないのです。
    ・若手からも先輩からも信頼厚い教師たち
    ・日本人教師の代表として選出され海外で授業してきた教師たち
    ・文科省関連の授業で指名される教師たち
    ・県や市などが大きな取り組みをするときに協力依頼が来る教師たち
    ・困ったときに相談される教師たち etc.
     たのしい教育研究所はそういう教師たちの集団です。

     研究所の講座やスーパーバイズには無料のものはありません。自分の時間そしてお金を使って、周りの人たちの笑顔を広げていく人物たちですから、必然的に実力も高まっていくのです。

     しかし〈評価されたい〉ために〈たのしい教育〉に近づいてくる人がいたら困りものです。〈たのしく学ぶ笑顔〉〈賢くなっていく笑顔〉を育てることが目標ではなく、表彰・評価されることが目標の人物は、その底の浅さが周りの人たちに見えてしまうからです。特に子どもたちの感覚は抜群です。この先生は言っていることと根本的に目指していることが違うことを見抜いていくでしょう。
     形式的な出世は可能でしょう。
     しかしそれは周りのたくさんの人たちの笑顔に繋がる様な評価とは別物です。

     たのしい教育で周りの人たちのたくさんの笑顔を育てる人たちを研究所からたくさん送り出したい、そう考えています。

     たのしい教育を学ぶ教師たちが拠り所としているのが〈たのしい教育メールマガジン〉です。今週号(金曜日発刊)のメニューはこれ、周りの人たちが賢くなっていく笑顔を育てる内容満載です。興味のあるかたはお申し込みください。左のサイドバーに詳しい案内があります。

    1.Let’s Enjoy the たのしい教育…
     100均で作る簡単 焼き鳥・焼肉器

    2.Let’s Enjoy the Movies…ミニオンズ
    3.たのしい教育の発想・思想・哲学
     〈基礎基本〉と〈小さな実〉

    一緒に〈たのしい教育〉を広げて賢い笑顔を育てる〈簡単な方法〉があります。ここのクリックでブログ評価に一票入ります!

     

    よく読まれている記事