[一般の方向け]教員採用試験ワークショップ本コース:随時受付中/沖縄市出前児童館(無料)11/12~16:子ども対象、大人も受講可能/好評受付中「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付/12月のたのしい教育cafeは〈クリスマススペシャル〉予定

仮説実験授業の生みの親 板倉聖宣の遺影遺灰に沖縄のムーチーをお供えし玲子夫人と語りあう

 仮説実験授業の生みの親、今は亡き 板倉聖宣の遺灰と遺影を前に 玲子夫人と長い時間語りあうことができました。忙しさの中でもこういう時間は大切です。いつも〈玲子さん、きゆなさん〉と呼び合っているので以下はその様に書かせていただきます。
 生前「本気で霊があると思っているのかよ」と語っていた板倉聖宣だったので、玲子さんにと、沖縄からムーチーを持って行くと、とても喜んで下さって
「あなた、これ、沖縄のきゆなさんが、甘いもの好きにあなたに持って来て下さったのよ」と遺影の前に備えて下さいました。
 玲子さんの心の中にはしっかり板倉聖宣が生きているのです。

 師 板倉聖宣は〈麺類〉と〈甘いもの〉が大好きでした。
 沖縄に来た時には〈沖縄そば〉を毎回味わってくれていましたし、沖縄のメンバーの手作りのお菓子も喜んで味わってくれました。

 今回は、本を愛していた師 板倉聖宣の数々のエピソードと、結婚した頃の板倉聖宣の研究にうちこむ姿を中心に、たくさんのエピソードを聞かせていただきました。

 途中気になって〈長くなりましたから玲子さんも疲れると思います、そろそろおいとましないと・・・〉と伝えると〈いえいえ、たくさん話したいことがあるんですよ〉と言って下さったので、こちらも遠慮なく質問したりして、ついつい長くなってしまいました。しかしそれもいつものことです。またいつもの様に豊かな時間が流れていきました。幸せなことです。

 しばらくは継続すると聞いていた〈板倉研究室〉も閉じることになったというので、寂しい感じもしているのですけど、それも近しい方達の決断ですからしかたありません。

 板倉聖宣から、たのしい教育が決定的だという思想とその具体的な方法とを学び、それを沖縄の地から〈全国に発信する〉意気込みで、これからも全力でたのしく活動していきたいと考えています。板倉聖宣の遺灰・遺影を前に、その思いを強くした1日になりました。

 〈沖縄から全国に〉というのは言葉の綾ではありません。先日も〈たのしい教育を自分の仕事に活かしたい〉という方が県外から訪ねて来てくれました。そしてとても満足して帰って行きました。
 県外で自営業をなさっている方からも「メルマガで行き方を学んでいます」という熱いメッセージをいただいています。
 いずれ、またそのことを書けたらと思います。

 〈先生、子ども達そしてその周りにいる大人の賢い笑顔という実験結果を出しつづける〉それが、たのしい教育研究所です。みなさんの応援を待っています。この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉を応援することができます !

良く読まれている記事