[一般の方向け]教員採用試験ワークショップ本コース:随時受付中/沖縄市出前児童館(無料)12/10~14:子ども対象、大人も受講可能/好評受付中「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付/12月のたのしい教育cafeは〈クリスマススペシャル〉予定

サメが川で釣れたという話 写真付き

 星空公民館に出かけた日、いつも元気な職員Uさんが語った話にびっくり。
「いっきゅう先生、この川でサメが釣れたんですよ」
 この川というのは公民館の前を流れる「安里川」。
 海側から国際通りを越えて流れています。この写真の右斜めにずーっといった処が海です。

 地図をご覧ください。右側の赤いポインターがほしぞら公民館です。
海からけっこう距離があることがわかりますね。
 ここまでサメが来るというのは考えられないことです。 


「明治時代のことですか? 海がすぐそばだったとか・・・」

「いいえ今月のことです」

 Uさんの話によると、沖縄県のイベントで星空観測をしていたら、下の方で騒いでいる人たちがいて、行ってみたら釣り人がサメを釣り上げていて、観測会に参加していた人たちもみんな驚いていたとのこと。

 写真も見せてくれました、この二枚がそれです。
  尾を押さえてるサンダルから見て1mくらいですから、まだ子どものサメですね。

 調べてみると〈オオメジロザメ〉で、成長すると3mレベルになる厄介なサメです。浅い川でそこまで成長することはないでしょうけど。


 〈オオメジロザメは海水だけでなく淡水でも生息できる〉とのこと。

 「那覇市の川でサメが釣れた」
 十年くらいすると「信じられない」という過去の話になるのかもしれません。

 驚いた話を聞いたたのしい1日でした。

たのしい教育に全力投球、RIDE( ライド:たのしい教育研究所 )です。この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援票」が入ります☆いいね☆

良く読まれている記事