[一般の方向け]教員採用試験ワークショップ本コース:随時受付中/沖縄市出前児童館(無料)12/10~14:子ども対象、大人も受講可能/好評受付中「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付/12月のたのしい教育cafeは〈クリスマススペシャル〉予定

生産性の問題について考える

 たのしい教育メールマガジンには〈ア~ルとたのしい教育〉というミニコーナーがあって、けっこう人気があります。その中から少し紹介するところから話をはじめましょう。

 ある時、必要なプリントを構成してを印刷キーを押して珈琲を注ぎに行ってもどるとア~ルがこのポジショニング。プリンターの中に小さな生き物がいるに違いないと考えている様です。
 

 必然的にこういう表示が出ることもあります。

 スポーツたのCafe用のゲームづくりで、トランプ使ったスポーツゲームをためそうとすると〈また何かおもしろいことするんでしょ〉と参戦します。
 なかなか試すことができません。

 私いっきゅうが机で仕事をしていると、そばに来てみています。そのまま私の机で眠ることも多いので、広い机はア~ルにゆずって、一段下がった狭い机にノートなどを移動して筆記することも多々あります。

 このサイトで最近紹介した球体の色付けの時も〈また何か面白いことしてる〉とばかりに傍にきて、いろいろな素材で遊び回ります。ペンキなどひっくり返すと大変ですから、カバーしたり配置し直したり、結局ア~ルを別な部屋に連れていったりして時間も工夫も必要になります。

 数ヶ月前でしたか、〈生産性の無い人たちに税金を投入するのはどうなのか〉という様な趣旨の発言がニュースになりました。わたしは基本的にテレビもみませんし新聞も読まないので事実誤認があったら「そういう発言があったらとしたら」という意味で読み進めてください。

 〈生産性〉で評価するとしたら、ア~ルはどうなるでしょう。
 自ら教材を作ってくれるわけでもありませんし、印刷の手伝いをしてくれることもありません。
〈ネコの手も借りたい〉という時でも、たのしく走り回って遊んでいます。
 手を貸さないどころか、たとえば印刷するにも手間がかかりますし、教材づくりでも余計に時間がかかります。
 わたしのペーパーワークも窮屈な状態ですすめることも多いので作業効率的に言えばマイナスです。
 その発言の人物が言えば〈無生産的〉かつ〈非生産的〉と切ってすてられるのかもしれません。

 ちなみにア~ルは切られて倒れた役者の格好も得意です。

 閑話休題

 実体を生み出すことも大切なことは間違いありません。だからといって「〈工場〉の様な生産システムがあれば全てよし」というものではないでしょう。

〈物体〉や〈実態〉を生み出すより、ずっと豊かなものを生み出すことがあります。実態が無いために評価が難しいところがあるのですけど、実態がないだけにかけがえのないものだと思います。

 その人が何かを作り出したり修理してくれたりするというのではないけれど、その人がいると優しい気持ちになれる、暖かい気持ちになる、笑顔になる、話しをしていて元気が出るetc. 

 人間というのは、物だけでなく、それを含めた感性や感覚に包まれて生きています。
 一個のパンを食べる時でも、友人がいたら、それを半分にして一緒に食べたい気持ちになるステキな生き物です。実際、一人で全部食べるより、その半分の方が美味しく感じるのは間違いありません。

 その人は〈何かを作り出せる、生み出せるから良い〉という見方は〈作り出せる、生み出せないからだめだ〉という様に判断することになります。

 そういう〈物〉を超えた豊かさや素敵さ、その存在のそのものの尊さを感じていける、寄り添っていける存在でありたいと思っています。
 教師として親としてならなおのこと、その見方・考え方は重要になるでしょう。

 ヤンチャするし、物を倒すし、食いしん坊だし、叱られることもあるア~ルですけど、ア~ルは研究所に来る人たちと一緒に遊んだり、その人を笑わせてくれたり、たのしく元気にさせてくれます。
 教材の買い物をしてくれて、明日届ければ間に合うのに、ア~ルの顔を見にと、学校帰りに寄ってくれる人たちもいます。
 特に用はなくても、ア~ルに会いに研究所に行きたいという人たちも出て来ます。
 生産性という一方向的な視点では切って捨てられていまうかもしれないア~ルは、たのしい教育研究所の欠かせない一員です。

 多くの人たちにそういう見方・考え方をが広がっていれば、生産性の発言は、あえてメディアを賑わすほどのこともなかったのに、と思いつつ、このサイトを綴っています。
 RIDE( ライド:たのしい教育研究所 )は、そういう見方・考え方のできる先生たち、保護者のみなさんを育てていこうと考えています。

 たのしい教育は単なる技法・ノウハウではありません。人生全体に関わるもっと大きな体系です。みなさんの応援クリックがRIDE(ライド)を強くします。この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援票」が入ります☆いいね☆

良く読まれている記事