[一般の方向け]教員採用試験ワークショップ4月コース:関係者へリーフ配布中/たのしい教育cafe 4/24(水)18:30~/沖縄市出前児童館(無料)2019/04.15~19:子ども対象、大人もボランティア参加可能/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付

料理も予想チャレンジ

 前回の〈ベジタリアンは太る〉の反響がいくつも届いています。太る原因は「炭水化物」であるという話は一般常識になっていますけど、炭水化物が多いのは肉ではなく圧倒的に野菜類です。
 そういう話はまたいずれ書かせていただくとして、今回の話もア~ルの野菜食から始まります。

 ア~ルは毎日〈ヨーグルトキャベツ〉や〈肉キャベツ〉を食べるので研究所にキャベツは欠かせません。

 野菜そのものが大好きなので、置いてあるとそのままかじってしまうほどです。

 忙しいある日、ア~ルのキャベツをゆずってもらって、仕事の合間にメンバーで〈お好み焼き〉を作ることにしました。

 見よう見まねで生地にまぜて焼いてみると・・・


 けっこう美味しく出来上がりました。

 さて話はここからです。

  以前から〈イカスミお好み焼き〉はきっと美味しいに違いない、レストランで出すとインパクトがあってヒットするだろうと考えていて、この機会に作ってみることにしました。
 いいアイディアだと思うのですけど、どうですか?

 普通のお好み焼きを焼いて最後に残った生地にスーパーで仕入れた〈イカスミ〉を入れて作るわけです。
 これがイカスミを入れた生地&キャベツ、なかなかの迫力です。
 美味しい様には見えません。


 プレートに乗せて焼いてみましょう。
 ここで大切なことに気がつきました、しっかり焼け焦げがついているのか、この色では判断できないのです。

 まあ、何となくの感覚でひっくり返してみました。


 これは見た目の感じではヒットしそうにないな。

 けれどまだあきらめるのは早い、とても美味しいかもしれません・・・食べてみましょう。

 食べてみると、まったくイカスミの味わいは感じられず、普通のお好み焼きの味。
 目を閉じて食べたらイカスミを入れたとは気づかないでしょう。

 「美味しいに違いない」という私の予想は外れてしまいました。
 ちなみに、研究所のスタッフみんなも同意見でした。

 予想は外れることもたくさんあります。
 しかし外れても一つ階段を上がったことは間違いありません、何しろ予想チャレンジは暮らしを豊かにたのしく賢くするキーです。

 また新しいアイディアを思いついたらためしてみたいと思います。

 毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね☆

良く読まれている記事