ロケットの飛行と推進力=魅力的な授業づくり

研究所のメンバーでわたしが「名人」と呼ぶM先生がいます。
ものづくりや実験の得意な人たちは何人も知っていますが、M先生は「子ども感覚」を忘れない愛すべき人物です。子ども達に対しても上から目線が全くありません。「こういう工夫がたのしいのよ」という言葉が自然に出てくる、まさに「たのしい教育研究所」のスタイルを象徴する人物の一人です。

M先生とは大学の同級生で、もう30年来仲良くつき合っています。
最近、そのM先生と一緒に

「ロケットの飛行と推進力」

という授業づくりをしています。

たのしい実験中

「外では飛距離や直進性がよくわからんね」
ということで、数日後に依頼されている授業の沖縄市の会場に行き、実験してきました。長い方向で40mくらいあるので十分です。

ロケットの飛行と推進力この授業でまた、子ども達の賢さと笑顔がたくさん生まれてきます。
うちの研究所の仲間と「沖縄から宇宙飛行士を」という活動をしていますが、「宇宙工学」のエキスパートも生まれてくるだろうと思います。

それと同時に、子どもみたいな感覚を忘れない〈たのしい仲間たち〉にめぐまれていることを幸せに思う日々です。

たのしい教育が沖縄を元気にする
「たのしい教育研究所」です

 

 

良く読まれている記事