アドラー心理学について板倉聖宣が語る/メルマガ最新号から

 最新号のメールマガジンに、かつて板倉聖宣が語った「アドラー心理学」について掲載中です。三回に分けて、最新号が、その1です。
 アドラー心理学でカウンセラー資格を取得した私にとっても、たくさん学ぶところがあり、読者の方達からの反応もいろいろ届いています。

 一部を載せてみます。

 アドラーもユングも、フロイトの影響をすごく受けているんでしょ。

 アドラーはフロイトと別れたので、主流派ではないんだね。

 フロイトはとても有名になりました。彼の理論は、すべてのことを性衝動と関連づけて、非常に単純明快なんです。
 アドラーは不遇のままになってるんですね。

 

 アドラーさん自身の書いた本は日本語に翻訳されてるの?

 

誰か「最近出てきました」

 不思議なんですよ。「アドラー心理学」というんだからアドラーさんの書いたものがたくさんあるのかと思ったら、そうではないんですね。
 フロイトさんやユングさんは本人が書いたものがあるでしょ。

 それが多くの人に読まれてますね。

 アドラーの場合には、アドラーが言ったというのが大事なのか、考えたことが大事なのか?

誰か「アドラーの弟子の、ドライカースが体系づけたのですが…」

 ところが「ドライカースの心理学」にはならないんだね。

 ドライカーストいう人は遠慮深いからでしょうか?(笑)

つづく

 

 板倉聖宣の語りは仮説実験授業を生み出しただけあって、本質を抽出し、歯に衣着せないものいいです。

来週の号に向けて、続きを書き起こしているのですけど、アドラー心理学にさらにはっきりとしたものいいをしていて、とても興味深いものがあります。

 興味のある方はお申込みください。
 年間購読まとめ(9600円)で受け付けています。➡︎こちら

良く読まれている記事