教室・家庭にそろえたい一冊「日本の給料・職業図鑑 Plus」

「日本の給料・職業図鑑Plus」という本があります。沖縄県のグッジョブ事業関係でいろいろな書籍や資料を手にする機会が多いのですけど、その中でもかなりお勧めしたいものの1つです。先週のメールマガジンに載せたところ、たくさんの方達が購入・注文してくれた様です。

日本の給料&職業図鑑 Plus

 メルマガから少し書き抜いてみましょう。

%e6%b2%96%e7%b8%84%e7%9c%8c-%e6%95%99%e8%82%b2

 私は、クラス担任をしている時だけでなく理科の専科をしている時にも教室にたくさんの本をそろえて、子ども達が休み時間などに自由に読める様にしていました。
 読み語り用の本もそうですけど、科学の本や、いじめに関する本、将来の職業にかかわるものなど100冊くらいはそろえてあったと思います。
 今回は、もしもわたしがクラス担任だったらこれは教室にそろえておいたにちがいない、と思う本を紹介させていただきます。きっとたくさんの子ども達が手に取ってくれることでしょう。

 タイトルは「日本の給料&職業図鑑Plus」。
 宝島社が出している本で980円。最近は文庫本でも700〜800円しますから、嬉しい価格です。

「職業に貴賎なし、給料がどうとかいうことは関係なく仕事を選ぶべきである」という人もいると思いますけど私はそうは考えません。
 私の師の板倉聖宣も「いったいガリレオがどうやって暮らしを立てていたのか。ファラデーがどうやって糧を得ていたのか、それが気になるんだよ」といっていましたが、わたしも全く同感です。
 子ども達が将来の職業を選択するにあたっても、生涯でどのくらいの賃金を受け取るのかは重要な判断材料の一つだと思います。
 この本には、実数として金額が記載されています。
 しかも、どういう仕事なのかも独特な視点で書いてくれています。

 まず検事・検察官はどうでしょう・・・

 %e6%b2%96%e7%b8%84%e7%9c%8c-%e6%95%99%e8%82%b22

 たくさんの職業の生涯賃金を載せてくれています。
 わたしが憧れる職業の1つ「マタギ」という、かなりマイナーな仕事まで載っています。

 おすすめします。

沖縄県のキャリア教育にも全力投球
「たのしい教育研究所」です

良く読まれている記事