自由研究プラン「キッチンは宝箱(たからばこ)」作成進行中!

 たのしい教育研究所のチームで新しいプランの作成が進行中です。タイトルは「キッチンは宝箱:第一部 タネや切れ端」です。自由研究にも利用できますし、大人の実験でも役立ちます。また〈家庭菜園〉に興味のある皆さんにも喜んでいただける内容になると思います。ご期待ください。

 たのしい教育研究所の講座などで受講することができると思いますので、興味のある皆さんは、本サイトをチェックしていてください。

 すでに発芽の実験結果がハッキリしているものがいくつも出て来ました。

 植物がもつ〈生きる力〉や〈発芽するしないの不思議〉などを親子で味わいながら、たのしく実験できるプランになると思います。

 

種子の発芽  wikipedia

種子の発芽は、種子が吸水して、胚組織の一部である幼根(のちにとなる器官)が種皮を破って現れるまでの一連の過程を経て行われる[1]。また発芽によって発生した幼植物のことを実生(みしょう)という。土壌中にある種子は、のちに茎となる胚軸が土を押し上げて地上に現れるが、その際に幼芽が傷つかないように、頂端がかぎ状になって幼芽を保護している[2]。また発芽途中の段階では、幼芽は種皮に包まれている。芽が地上に出た後、かぎ状になっていた部分はまっすぐに伸び、幼芽が子葉となる[2]。なお幼芽から種皮が外れるタイミングは2通りあり、地上に芽を出したあとに脱落する地上性の実生と、地中ですでに幼芽が種皮から離れる地下性の実生とがある[2]

外見的には、幼根が種皮を破って出現するか、あるいは土壌から芽あるいは根が出現した段階で、種子が発芽したと認識できるが、実際にはその段階に至るまでに、種子の成熟や休眠など、種子内部での複雑な生理学的変化を経ている[1]。一般的には、それらの生理学的な過程を経たあと、環境条件(光、水分、温度など)が適切な場所に置かれると種子は発芽するが、そのような外的環境以外にも、他の生物による被食などが発芽に大きな影響を及ぼす場合もある。

ココナッツの発芽

1日1度のここの「いいね」クリックで〈たのしい教育〉を広げませんか➡︎ いいねクリック=人気ブログ!=ジャンプ先でもワンクリックお願いします!

良く読まれている記事