たのしい教育をさらに深く学ぶには/メールマガジン最新号の紹介

 たのしい教育をさらに深く学びたい。沖縄に住んでないので、たのしい教育研究所の講座などを受けることができない。たのしい教育を応援したい、そういうみなさんが毎週手に取ってくれているのがメールマガジン〈教師は辞めても たのしい教育と映画はやめられない〉です。

 毎週金曜日が発行日で、パスコード付のPDFファイルでお届けしています。
 ◯ たのしい教育研究所の今日この頃
 ◯ たのしい教育実践編〈Let’s Enjoy the たのしい教育〉
 ◯ おすすめ映画〈Let’s Enjoy the Movie〉
 ◯ たのしい教育の哲学・発想法
の四本立てでお届けしています。

 おかげさまで最新の号数で261を数えます。
 第一号から購読している皆さんは、たとえば、Let’s Enjoy the たのしい授業では、家族でたのしんだり、教育関係の方が子ども達に授業したりできる内容を紹介しているので、それだけで261の教材が手に入るわけです。どれも無理せず真似できるものですから、いろいろな皆さんに喜んで頂いています。

 今週の内容を少し切り取ってみましょう。全体のボリュームは、各章ともこの20〜30倍です。

 〈Let’s Enjoy the たのしい教育〉では学期末のちょっとした時間に、子ども達とたのしめる簡単実験をとりあげてあります。

 映画の賞は〈ライフ〉 わたしの好きな俳優二人が初共演ということで注目していた作品です。

 〈たのしい教育の発想法・思想・哲学〉の章では、たのしい教育研究所に、行政に関わる方たちから問合せが届いている「貧困問題」について考えるきっかけとなる内容を書いています。

 年間購読は9600円です。興味のある方はどうぞ! 1日1度のこの「いいね」で〈たのしい教育〉を一緒に広げましょう➡︎ いいね=人気ブログ!=ジャンプ先でもサイトをワンクリックすると尚うれしい!

良く読まれている記事