生きている様なグルクンの絵 たのしい絵画教室

 グルクンの絵はたのしい教育研究所の絵画教室の定番の題材です。これはリーダーの小禄先生の作品です。小禄先生はキミコ方式の公認インストラクターでもあり、独自の絵画指導も得意です。


 これは本物のグルクン。

グルクン(たかさご)は、フエダイ科の魚で、沖縄県の県魚に指定されています。旬は夏で、産卵前の初夏(6月頃)が最も美味しいと言われています。
身は白く、肉質はやわらかで、美味な魚です。
                 美ら島物語より

 小禄先生の描いた作品の方が美味しそうですね。

 描いてあとは、みんなで唐揚げにして味わったりするなど、描いて後のたのしみも希望に応じて組んでいます。


 その対象に合わせていろいろな題材で授業が可能です。
 興味のある皆さんはお問い合わせください。 みなさんも〈たのしい教育〉を一緒に広げましょう➡︎ ここをクリックするだけで全国の人気ブログに一票入り、いろんな人が目を通してくれる可能性がたかまります!

良く読まれている記事