[一般の方向け]教員採用試験ワークショップ本コース:随時受付中/沖縄市出前児童館(無料)11/12~16:子ども対象、大人も受講可能/好評受付中「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付/12月のたのしい教育cafeは〈クリスマススペシャル〉予定

バッタの顔をみたことがありますか? 自由研究こそ本物の研究

 前回書いた〈チョウの顔〉の反響がいくつもメールで届いています。今回は〈バッタの顔〉を見てみましょう。

 これは私が近くの公園で写したバッタの幼虫です。落ちた葉っぱの上にのっています。

 イナゴの幼虫でしょう。
 え、バッタじゃないの?
 と思う人がいるかもしれません。
 しかしイナゴもバッタも一見すると同じ様な姿かたちをしています。それもそのはず、同じ〈バッタ亜目〉と呼ばれていて、大きくみると同じグルーブの仲間なのです。

 バッタはバッタ亜目 バッタ科
 イナゴはバッタ亜目 イナゴ科

です。

 バッタはイナゴよりジャンプ力がある
 イナゴはバッタより美味しい

という特徴もあります。
長野の有名な土産に〈イナゴの佃煮〉があります。
旅をした時味わって、それが美味しかったので、学校に土産として持っていったら、先生たちがパニックになってしまいました。

バッタとイナゴの違いについては自分でもいろいろ調べてみてください。

さてバッタの顔はどういう顔をしているでしょう?
正面に回ってみましょう。

 ⬇ 

 どうでしょうか。

 前回のチョウと同じ様に、とても親しみやすい顔をしていると思いませんか?

 みなさんもいろいろな昆虫たちの顔をのぞいてみませんか。そのうちに〈目が点〉に見える時と〈全体が黒くなった状態〉に見える時があることに気がつくかもしれません。それはいったいどうしてなのか?

 こうやって興味関心のあることについて自由に研究をすすめる事が本物の研究です。ガリレオたちも〈これはおもしろい〉と思ったことを追求していったのです。
 自由研究こそ本物の研究
それは確かなことです。みなさんも〈たのしい教育〉を一緒に広げましょう➡︎ ここをクリックすることで少しずつ広がります

良く読まれている記事