• [一般の方向け] 教員採用一次試験合格スーパーバイズ/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付
  • 野草を食べるたのしみ③ 桜の葉の味、オオタニワタリの味 他

     野草を食べるたのしみシリーズの区切りの記事です。さっそくいろいろな方達がためしてみた様です。意外な美味しさです、健康的だという評価など、うれしい便りがたくさん届きました。うれしいことです。

     さて桜の若葉の天ぷらはどうだったでしょうか。
     今回は、はじめて天ぷらにした葉っぱを中心に紹介しましょう。

     これが桜の若葉。沖縄では花はとっくに散って葉が茂っています。若葉も出ています。
     小麦粉をつけて熱した油に入れましょう。

     葉が他のものより硬めなので、時間を長くとりました。
     少し焦げめがついてしまいました。

     

    オオタニワタリの新芽。
    茹でて味噌和えにしたりして、料理屋さんで高級料理として出されている食材です。

    小麦粉につけて・・・

    熱した油に入れましょう。


    厚みがあるので、これも少し長めの時間揚げてみました。

     

     二ガナは、生ではとても苦くて食べることができません。
     わたしは子どもの頃、風邪をひくと、二ガナの汁を飲みなさいといわれて、その苦さに苦戦したことがあります。青汁より十倍くらい飲みづらいと思います。
     さて、これも今回初ちょうせんです。

     二ガナはとても強い植物で、他の植物では生えてこないような、崖の石の間からも成長します。


    小麦粉をからめて・・・

     これが二ガナの天ぷらです。

     

    ということで、何種類もの野草の天ぷらが出来上がりました。

    たんぽぽやセンダングサ、オニタビラコなどはこれまでなんども食べていますから、美味しく食べることはわかっています。

    新しく食べてみた野草たちはどうだったか・・・

    1.桜の若葉
    おいしかった

    2.オオタニワタリの新芽
    おいしかった
    ・・・生味が軽く残っていたので、子どもたちには好まれないと思います

    3.二ガナ
    とってもおいしい!

     ほとんどの植物には外敵から身を守るために、アルカリ性の物質や酸性の物質が含まれていることがあって、それらをまとめて〈アク〉と呼ぶことがあります。アクを大量にとると人間の体にもよくありませんから、気になる食材を料理をする時には〈アク抜き〉という処理をします。アク抜きの方法⇨こちら

     テンプラ料理では、それらのアクが高熱で植物から出て行くので、ふきのとうなど、アクの強いものも、天ぷらにするならアク抜きは必要ないといわれています⇨たとえばこちら

     ですから、二ガナの様な苦味・えぐみ(アルカリ性の味)の味が強い植物も、天ぷらにすると食べやすくなります。

     ただし、アジサイやキョウチクトウなど「毒性」の強い植物もあります。また〈食べられる◯◯という植物〉だと思って摘んだら〈別な植物だった〉ということが起こることもあります。
     野草料理をする場合には、食べられる植物を同定できる人と一緒に始めてください。
     教育の場で安全対策は基本中の基本、たのしい教育も安全あってこそ成り立ちます。この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉を応援することができます !

    よく読まれている記事