• [一般の方向け] 教員採用一次試験合格スーパーバイズ/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付
  • 自由研究〈スライム時計〉 たのしい教育Cafeで学んだことをさっそく子ども達の笑顔にかえるステキな先生たち

     研究所で学ぶ若手のA先生から、たのしい教育教材で子どもたちと盛り上がっている写真が届きました。

     どのクラスでやってもスライム時計は大ヒットしています。

     写真で見ると〈何が面白いの?〉と感じる人もいるかと思います。
     けれど、みんでキャーキャーわいわいと楽しみながら作ってたのしんでみると、大人も子どもたちと同じようにのめりこんでしまうと思います。

     メールマガジンでも紹介していますが、体験してから授業にかけたいという方は研究所にお申し込みください。
     しばらくの間は子どもたちの人数分の教材も準備して(ペットボトルは各自で)4000円で体験していただいています。慣れない間は自分でそろえるのも大変ですし、ホウ砂などを注文したりする時に時間もかかるかもしれませんから、かなりお得な受講費だと思います。

     〈スライム時計〉を自由研究にしたいという方たちもいるので、いくつかのアイディアを提供しています。

     その一つ

    ⭕〈周りの温度〉と〈スライム時計の落ちるスピード〉の関係

     沖縄ではこの頃、気温30度を越すようになってきました。それでも夕方や朝方は少しすずしい感じがします。
     部屋によってもエアコンが効いたところと、そうでないところ、外・ベランダなどでは気温が3~4何度違ったりします。

     3~4度の違いでスライム時計の落ちるスピードに差が出るのでしょうか。
     みなさんはどう思いますか?
     違いがでるとしたら、どうなると思いますか?

     いろいろな予想が出ると思います。

    ア.それくらいではほとんど差がでない
    イ.ハッキリ差がでる ⇨ ① おそくなる
               ⇨ ② はやくなる
    ウ.その他

     研究はまず〈予想〉を立ててるところから始まります。

     自分の予想が当たっていたら嬉しいですね。
     でも間違っていても確実に賢くなりますよ。

     研究の結果がでたら、ぜひ研究所におもおしらせください。

     ところで、こういう日常生活上の研究はスライムずきの私いっきゅうも、まだ目にしていませんから、あなたが日本で最初の研究者になるかもしれません。

     もしスライムで差が出るとしたら、砂時計でも、あるいは中に水を入れても差がでてくるのか?
     そういういろいろな発展が考えられる研究だと思いますよ。

     ちなみに〈たのしい教育研究所〉には、自由研究に関わる質問が時々やってきます。中には「科学作品展など、コンクールで入賞しやすい研究」についての質問もあります。
     現役の教師の頃は、そういうコンクールの審査もしていましたから、答えるのは難しくありません。
     文章にすると
    「最近はより広く深く継続した研究が上位入賞していますよ」
    という答えになります。
     たとえば〈2年3年とかけた継続研究〉や広く〈○○市に分布するカニの生態〉という様なものは、審査員の目を引き、賞に入る可能性も高くなります。

     しかし「人生」という長い尺度でみれば、その本人が〈たのしくてたまらない〉と思って取り組む研究に勝るものはありません。
     みなさんがいろいろなたのしみを感じて成長していけたら、すばらしいことだと思います。
     それを本気で応援しています。
     7/1日曜日には沖縄県のグッジョブフェスタで親子家族でたのしく賢くなる授業をします。ご希望の方は県担当事務局へお申し込みください。6/25 10:00からweb申し込みが始まります。
     ⇨ 午後のグッジョブフォーラム第二部〈いっきゅう先生の授業〉を選んでください

     しい教育に全力投球「たのしい教育研究所」です! この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援票」が入ります!

    よく読まれている記事