• [一般の方向け] 2020年2月29日(土)春の出会いも別れもたのしい教育/02.17~21出前児童館(無料)大人のみボランティア参加可能/教員採用一次試験合格スーパーバイズ/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付
  • たのしい資料集&教材セットの準備をしつつRIDE(ライド)の活動を見つめると

     秋の講座〈スポーツたのCafe〉が迫り研究所は大忙しです。講座に参加する人たちは当日たのしんでもらいますが、スタッフは事前にたのしい仕事をしています。参加者の皆さんの笑顔が見える準備はおいしい仕事です。

     これは「体育で〈安全吹き矢〉の授業を」で使う教材の準備です。
     吹き矢の筒も矢もRIDE( ライド:たのしい教育研究所 )オリジナルです。

     吹き矢の的は〈かいじゅう〉。
     当てた嬉しさに加えて快感が走ります。

     何しろ学校で使う教材ですから〈安全性〉が重要なファクターです。
     そして気軽に授業にかけられる様に、難しい準備が要らず、しかも安価で入手できる素材を利用する必要があります。
     いろいろな予想チャレンジの結果、とてもいいものが見つかりました。
     当日の参加者の皆さんの評価と、メールマガジンでの紹介後の反響を見て、このサイトで紹介できるかもしれません。たのしみにしていてください。 

     RIDE(ライド)の講座は体験するだけでなく、そのまま授業あるいは家族親類で楽しめる様に〈たのしい教育教材〉もプレゼントすることが基本形です。
    〈安全吹き矢〉は、まず家族でたのしめるセットをプレゼントする準備をすすめています。

     これは〈スポーツ色カルタ〉、子どもたちでも数十秒で息が切れるくらい盛り上がって身体を動かすゲームです。
     スタッフが丁寧に準備をすすめ、クラスでたのしめる様にセットにしてあります。
     

     授業にかけようと思った時に「あの資料はどこだっけ」とか「あの教材が見つからない」という様なことが少なくなる様に、ファイルにまとめてプレゼントできる様に工夫しています。

     一人一冊ずつ、教材プリントと教材が準備されたケースです。
      

     印刷物もかなり準備しました。

     プリンターの向こう側に小さな生き物達がいて、こちら側に紙を送っているに違いないと予想しているア~ルはこんな様子。準備とは逆の行動かもしれませんけど、その可愛い様子に、みんなの元気度がアップしています。

     こうやってスタッフやア~ルが準備に手をかけたあと夕方からは現場の先生たちがチェックに来てくれます。
     研究所に足を運ぶ人たちの力は高く、読書指導でも、絵画指導でも、特別支援でも、ものづくりでも、その道の第一級の人たちがそろっています。一般の企業ではこうはいかないでしょう。

     たのしい教育研究所がこうやって確かな活動を広げていけるのは、研究所のメンバーの使命感や義務感がベースになっているのではありません。
     何が元になっているのか?

     いろいろな人たちが教育活動をしていても「無料の講習なのになかなか人が集まらない」という話を耳にします。
     教育関係の方たちの中には意欲的に研修を企画している方たちがいますが、人数を集めるのにとても苦労している様子が伝わって来ます。
     学校などでは〈悉皆研修:しっかいけんしゅう〉といって、その職務や経験年数によって必ず受けなくてはいけない義務としての講座がたくさんあります。それには必然的に決まった人数が集まることになります。行かないと始末書を書かなくてはいけなかったり、行けない人の代わりに別な人が席をうめることになります。
     そうではない自由参加型の研修もあります。そういうものに何人くらい集まるのか興味がある方もいるかもしれません。もちろんその名の通り〈自由参加〉で集まる研修などもあるのでしょうけど、残念なことに表面上は自由参加に見える講座なども〈動員〉といって例えば「一つの学校から最低3名は参加させる様に」という様な命令が上から届くことが珍しくありません。

     たのしい教育研究所の講座は公的な研修とは違って無料のものはほとんどありません。大抵の研修はそれなりのしっかりした額を出してもらいます。しかし嬉しいことに募集人数は埋まりますし、定員オーバーになることも少なくありません。

     RIDE(ライド)主体の講座だけでなく、外部の組織や団体も要請してくれることが多くなってきました。

     企業や市町村、公的な事業などの場合はしっかりした額をいただく様にしています。
     ある方の話によると、県内の教育関係の講師の額としては、私いっきゅうは最も高い額になっているだろうという話です。
     逆に、学校など予算が限られているところからの要請にはマイナス予算つまり赤字でも受ける様になっています。

     先ほどの〈問いかけ〉に戻りましょう。

     RIDE( ライド:たのしい教育研究所 )はなぜこの様に画期的な活動を続けていけるのか?

     それはスタッフ関係者一人一人がいつも〈今のこの活動が自らの笑顔を生み出す活動なのか〉を問いかけているからです。
     つまりRIDE(ライド)に集う一人ひとりが〈たのしい〉と感じているからこその活動の広がりなのです。

     講座受講者の満足度がほぼ100%になっているのは、講師陣スタッフのそういう意欲が元になっているからです。

     秋もたのしい講座、合格特訓などがあります。
     興味のある皆さんはぜひお申込みください。
     そうやっていつか自分でも講師を担当できる様な方が少しずつ増えてきたら、RIDE(ライド)はますます強く大きくなっていきます。
     毎日たのしい教育に全力投球、RIDE( ライド:たのしい教育研究所 )です。
     みなさんの応援クリックをお待ちしています。この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援票」が入ります☆いいね☆

    よく読まれている記事