• [一般の方向け] 12.29(日)たのしい授業力実践講座/教員採用一次試験合格スーパーバイズ/11.16~20出前児童館(無料)大人のみボランティア参加可能/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/2020年1月12日(日)科学読み物講座&おきなわ石さんぽ/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付
  • 板倉聖宣〈不況と教育〉/最新メルマガへの反響

     たのしい教育を学ぶ本格的なツールが〈たのしい教育メールマガジン〉です。その最新号に、さっそく反響が届いています。数回前から実験的に水曜日発行にしているのですけど「長い一週間が終わる日ではなく、中間の日に読めるのはとても嬉しいです」という感謝の言葉も届いています。

    メニュー

    ◎たのしい教育の今日この頃/RIDE筋斗雲の日々/出前児童館のたのしいブレインミーティング/明るいうちに散歩しよう/ア~ルとRIDEのたのしい日々
    ◎Let’s Enjoy the たのしい授業
     ニュースボールでRIDEバージョン〈ニコニコたけのこドッジ〉テラ先生
    ◎Let’s Enjoy The Movies.plus! 〈続 E.T.2019〉
    ◎たのしい教育の発想・思想・哲学「不況と教育」 板倉聖宣 2002-03-26

     最終章の〈板倉聖宣:不況と教育〉の一部をお届けします。

     

    この章でとりあげることの多い板倉聖宣(仮説実験授業の生みの親)は、生前数々の文章を書き、その講演もいろいろな人たちが記録を残しています。講演に関しては東京弁の速さと癖に加えて、独特の発想、いろいろな知識内容が重なり合い、そのまま文章に起こしても文意をとるのが難しい部分もたくさん目につきます。
 そこでこの章では、私が30年以上板倉聖宣の文章を編集してきた経験を活かし、板倉先生本人から直接頂いた本や大会などで入手してきた講演記録などを中心に〈大胆に校正して〉お届けしています。〈板倉聖宣本人はこう語りたかった〉という内容になっているはずですし、すでに同じテーマの別資料を読んでいた読者の方からも「この編集はとてもわかりやすい」と好評を得ています。
     また、これまで執筆してきた板倉聖宣について私のガリ本などを板倉先生自身が高く評価して下さっていて「原子論者の人生論」の執筆取材の時「自分(板倉)の書いたり語ったりしたものなら、仮説関係の他の人ができるだけ傷つかない様に配慮してもらえば紹介してもらってかまわない」と許可をもらっています。
    ※ここで取り上げるものは古い原資料からの電子化が多く出典をたどる事ができないものも有りますのでご了承ください。

     

     

    いっきゅう筆
     経済のことお金のことはよく分からないことがたくさんあります、しかしそれは〈たのしい教育〉にとっても、どうでもよいことではありません。「衣食足りて他人の笑顔」です、経済が悪くなり、衣食足りなくなると〈子どもたちの笑顔〉がそっちのけになってしまうことが十分予想されるからです。
     今回の板倉聖宣の話は2002年、バブル崩壊後の不況(平成不況)の話からとりあげます。この章のタイトルに続く説明にも書いてありますが、板倉先生の話は、いろいろな知識が折り重なって、あっちにいったりこっちに来たりします。1時間くらいの長い話を、今回の〈不況と教育〉というテーマに沿って編集しました。
     20年前のことだから関係ないかというと、そうではありません。このまま世の中の仕組みが変わらなければ、また大きな不況の時代に入っていくことが予想されます。いや既に不況に入っていると指摘する経済学者もいますし、今回の消費税10%がその大きなトリガー(引き金)になるという人たちもたくさんいます。
     そんな中、教育に何ができるのか、そういう視点でお読みください。
     

    たのしい教育の発想法
    「不況と教育」 板倉聖宣 2002-03-26

    尼崎たのしい授業フェスティバルにて

     

    借金をするとどうなるか
     私が国立教育研究所にいた時に、ある高等学校の化学の先生が株を買い始めて、その株がすごく好調なのでうれしくて銀行から借金をしてドンドン金をつぎ込んだ人がいました。
     しだいに「株の方がず-っと儲かっていい」というので高等学校の先生を辞めてしまって、株を専門にするようになりました。そのうちバブルが弾けて大変なことになりました。
     私のところにも電話をかけてきて「ニクソンがケシカラン!」とか「誰々がケシカラン!」とかいうのです。
    「ああ、私の近くにいい実験台がいたなあ」と思いました。

     銀行から借金をして株を買うとどういうことになるかがわかる。
     株が全部で1000万円だとすると、銀行から1000万円借金しているわけです。
     銀行から借りたお金の担保はその株なのですね。

     株が値下がりをしたとする、たとえば元々1000万円の株が800万円に下がったとする。
     株が下がった時には売りたくないのです、上がった時に売れば差額が儲けになるからね。

     ところが銀行には1000万円の担保が保証されていなければいけないのです。株が下がって担保の1000万円が800万円になってしまうと、株を売って補填しなくては、銀行の担保をまかなえなくなるのです。
     つまり売りたくないのに売らなければならない。
     結果として株を200万円分売ることになるから、自分の持っている株が減ることになる。
     また株が下がるとまた売らなければならない。
     株がドンドン下がると、株を売りたくないにもかかわらず売ることになる」・・・
     そういうのが社会の仕組みなのですね。

     それで彼は結局、学校の先生も辞めているものですから日常的な収入もなくなって、すごく悲惨なことになってしまいました。

     そういうようなことが日本の銀行を初めとするゼネコンなどでも起こっています。
     今、ゼネコンは不況だからすごい赤字なのか?
     確かにそれもあるはずですが、それ以上に、たくさんのお金を投資しているので「その投資したたくさんのお金がみんなパーになった」ということなのです。
     それで、国家が救いに出るというわけでしょう。

     本当は国家が救いに出なくても、優良な、そういうバブルに弾けても影響のないような企業が結構あれば、おかしな会社は社長に責任を取らせて、会社をつぶしてもどうということはないのです。
     ところが今の日本ではそれが出来ないのです。
     全てが国家に依存をしているような形になっていて、全部の銀行が「皆でおかしなことをやれば恐くない」とい感じで動いているからです。
     問題は「そういうエリートの人間を作ったのは誰だ!」ということです。

     それは日本の教育です。

     

    不登校の原因は明らか
     日本の教育を見た時、不登校の子どもがこう増えてきているでしょう(グラフ掲示)。下がってきた時期もあるのですが、この1975年からまた上がってきた。今はこの1975年から、だいたい25年ぐらい、ずうっと上がってきていて1回も下がったことがないのです。
    「今に日本の子どもたちが全員登校拒否になるか」というと、それはありません(笑い)。そんなことはありえないから、どこかで止るのです。

    ここまでにしておきましょう。

      さらに興味のある方は〈メルマガ〉をお申し込みください。

    毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね➡︎もっと深くたのしい教育を味わいたい方は〈有料メルマガ〉をどうぞ!

     

    良く読まれている記事