たのしい環境教育入門|「とりハダ会」活動報告①

某月某日、某所でのこと。

個別相談、打ち合わせや会議に飛び回る中、いぜん子ども達と何度も遊びにいった湧き水の場所に立ち寄りました。

小さな場所ですけど、とても気持ちのよい水が湧いていて、わたしの大好きな場所です。
そこに至る道が、あまりにも様変わりしていたので、もしかすると無くなっているかもしれない、とドキドキしたのですけど、ちゃんとそのままの姿で残っていました。宅地開発や区画整理の事を考えると、
「残してくれていた」という表現がふさわしいでしょう。この地域に住んでいる方たちは、とてもステキな人達だなと思います。

スクリーンショット 2015-09-23 8.29.58

 

話は飛びますが「とりハダ会」という団体をご存知でしょうか?
おおやけにするのははじめてですから、むちゃな問いかけでした。

ゾッとした時の鳥肌の意味ではありません。
「とりあえずハダシで自然をたのしむ会」の略称です。

会長はM先生で、副会長、理事長、中央情報局長がそれぞれ一名、事務局長が私、計5名の団体です。

活動は名のごとくですが、少し解説を加えると
「おー、すばらしい」と感じた場所に出逢ったら、まず裸足になってそこを踏みしめる。そしてその感動の言葉(たいていは「すばらしい〜」という言葉ですが、たまには「素晴らしい星だぁ!」など)とともに、自然を味わう組織です。

副会長の私は、いつかNPOにしたいと思っているくらい、すばらしい組織だと思っています。

みなさんも入会可能です。
事務局長の私までご一報ください。
特に集団での活動はありません。各自で活動して、とりはだ情報を交換しあうだけです!

さて、はなしをもどして、とりはだ会副会長のわたしは、ワタシャツ・ネクタイの姿なのに、当然こうなります。

スクリーンショット 2015-09-23 8.30.12

この星はすばらしい!
接しているのは素足だけですけど、体全体ですばらしさを感じます。

その時に、ずっと以前からやりたかったことを思い出して、最寄りの100均に走りました。

地域の方たちが時折やっているのを横目で見ながら、子ども達と学校で活動している私には、ついに叶わなかったことです。

買ってきたのはバケツと雑巾。

スクリーンショット 2015-09-23 8.30.25
「この清い水で、相棒の車の汗をながしてあげたい」というのが、それです。
ちなみにわたしはかなりの車バカで、愛車は単に車ではなく「相棒」の感覚です。まるで人間かのように「暑いね、今日は」とか「まっててちょうだいね」などと語りかけたりします。

やっとその願いが叶い、湧き水でサーッと身体を流してあげました。

スクリーンショット 2015-09-23 8.30.34
教師を辞めていろいろな活動に飛び回る中、考えてみると、ほんとうにたくさんの夢が実現してきています。
「忙しすぎるでしょう」と周りの人達から言われるのですけど、ほんとにその通りです。けれど、それはつまり「夢の実現に忙しい」ということなのだと思います。
※このサイトでは個人情報保護と合わせて筆記者以外の固有名詞は基本的に伏せています。お問い合わせがいろいろありますが、お答えしておりません。ご了解ください!

 

自然をたのしく味わうことは
本質的な環境教育です
生きた学力もそこからです
たのしい教育研究所

良く読まれている記事