科学的な見方・考え方|マイナスイオン

わたしが書いた「だまされない人になるために」はおかげさまで、たくさんの人たちが手にし、読んだ評価や感想もいろいろ届いています。

その中には質問もたくさん含まれていて、世の中に出回っているものごとが正しいのか怪しいものなのかをどう見分ければいいのかという応用問題がいくつもあります。

子どもから大人まで、いろいろな方達から質問の来た「水は言葉がわかるのか」というテーマについては、独立したお話として「科学的な見方考え方入門」としてまとめました。それもすぐに完売したから、再販しなければいけない本の一つです。

科学的な見方考え方入門 その後「その2」として「マイナスイオンが体によいというのは本当ですか?」という質問について、書き始めたものがあります。

しつもん0
あなたは「マイナスイオン」という言葉を聞いたことがありますか? ある、という人は、それについてどういうことを知っているか教えてください。

 

という問いからはじまって「マイナスイオン」というものが本当にあるのか、あるとしたら、それは本当に身体に良いのかどうか、ということについてまとめていく予定です。
さらに、これからも出てくるであろういろいろなブームについて、科学的にどの様に受け止めていけばよいのかについても整理していきたいと思っています。

そのことについて、少し書いてみたいと思います。
読んでくださっている方の中には「マイナスイオンは身体に良い」ということを耳にしたことがある人も多いと思います。

きっと、マイナスイオンに関わる健康グッズなども周りにあるのではないでしょうか。

たのしい教育研究所にもあります。
単に「安いから」ということで実験用に入手したドライヤーに「マイナスイオンが痛んだ髪をやさしく修復します」という様な表示がありました。

そもそもマイナスイオンとは何なのでしょう?

電気を帯びた原子分子を「イオン」と呼びます。
大抵は水の中で起こる現象です。
例えば食塩を水にとかすと、水の中でイオンの状態になります。そこには陽イオンと陰イオンとがあるので、マイナスイオンというのはこの「陰イオン」のことを指すのでしょう。

では「マイナスイオンが健康に良い」ということは、誰がいつごろ言い出したことなのでしょう?

海外でもそういうことが言われているのでしょうか?

もしもマイナスイオンが健康に良いなら、どうして最近はマイナスイオンを冠する製品が作られなくなってきたのでしょうか?

そうやって予想を立てながら調べていると、いろいろな発見ができると思います。

上の問いの中の一つの答えを書かせていただきます。

「マイナスイオンが健康によい」ということを広めたのは、どうも
「納豆ダイエットの効果の捏造」で社会的な問題となってテレビから消えた番組「発掘 あるある大辞典」の様です。

その番組で「滝などのまわりにはマイナスイオンがたくさん発生し、それが健康に良い影響を与える」という様に説明したところから、マイナスイオンブームとなったようです。
都会にはプラスイオンがたくさんあるからイライラする。
自然の中にはマイナスイオンがあるから落ち着く、という様な話も飛び交って、家電業界もそれを取り入れてたくさんの商品を開発しました。
次第にマイナスイオンで「血液の流れが良くなる」「がんが治る」という様なものまで存在する様になってきました。

では、マイナスイオンの効果は実証されたでしょうか?

おちついたらしっかり書かせていただきます。

読んでくださっている皆さんも
「効果は確かにあると思う」
あるいは
「効果はないと思う」
のどちらかの立場に立ってみて、問題意識をもって調べてみることをおすすめします。

その予想が間違っていたにしても、正しかったにしてもきっとたくさんの発見をして、賢くなっていると思います。

たのしい科学教育は本格的な科学教育です!

いつも元気に全力投球
「たのしい教育研究所」です!

2016/01/28 コメントは受け付けていません。 科学教育

良く読まれている記事