おきでん主催 青少年科学作品展のステージ 大いに盛り上がる その1

昨日、今日と、青少年科学作品展で三回の科学ステージを終えて戻りました。

立ち見がでるほど好評で、「じゃあ、実験の時にカウントダウンするよ〜」という言葉に答えて、とても大きな声が会場を響き渡ったり、巨大な気球がドライヤーの温風で上がった姿には「お〜」という声とともに、たくさんの人達が写真をとっていました(^^

スクリーンショット 2014-02-09 16.25.59の写真は

「はじめて大空を飛んだのは、どういう方法だったのでしょうか? 予想してみましょう」ということで、手をあげてもらっているところです。

ふだんの授業のように

「どうしてそう思いましたか?」

と尋ねながら進めて行きました。

「人間たちのすばらしさ」を宇宙への進歩の歴史と重ねあわせて約60分の授業をしたのですけど、多くの方から

「あっという間でした・・・また次も参加したいです」

「次はどこで授業ですか? ぜひ行きたいです」

という声を頂くことができました・・・うれしい。

これだから、たのしい教育活動はやめられません。

おじあちゃんとおばあちゃんのご夫婦から、「人間の素晴らしさに涙がでました」という言葉をもらって、一緒にそれを聞いていたスタッフも、その言葉に目頭を抑える一コマもありました。

スクリーンショット 2014-02-09 16.39.43 この写真は、スタッフが、「ドライヤーの熱でも上に上がるのか」という実験をしてくれているところです。

三回のステージが終わってあと、主催者の方からも、熱い言葉をもらい、感動しています。

すばらしき、たのしい二日間でした。

少しゆっくり眠れそうですけど、つくりたい授業がいくつもあって、「睡眠時間なんて、なくなればよいのになぁ」と思う今日このごろです。1日1度のこの「いいね」で〈たのしい教育〉を一緒に広げましょう➡︎ いいね=人気ブログ!=ジャンプ先でもサイトをワンクリックすると尚うれし!

2014/02/09 おきでん主催 青少年科学作品展のステージ 大いに盛り上がる その1 はコメントを受け付けていません。 たのしい教育とは

良く読まれている記事