折り染めインク6色セット(プリンタインクバージョン)大好評!

 プリンタインクで作った折り染めインクが大好評で、作っても作ってもすぐ注文が来て無くなってしまいます。今日はとても話し合いが多い1日だったので、身体を動かしたくなって、折り染め用インクをわたしが担当し、たくさん作りました。3/5の講座でも出品しようとおもいます。収納ケース付です。大きさのイメージが湧くように洗濯バサミと一緒に写してみました。

折り染めプリンタインク6色セット 横から見ると、容量が分かりやすいかもしれません。

折り染め プリンタインク大きさ

プリンタインクで折り染めをするのは、もう随分前からのことですけど、使うたびに「これはいい」と感じています。その感じは、いろいろな方達からの高い評価でも裏付けられています。
 わたしがもともと購入した折り染め用の染料はけっこう高かく、しかも「粉タイプ」です。染める前に〈粉を水にちゃんと溶かしてから濃さを調整する〉という工程が必要です。
 プリンタインクを利用した染料インクは、もとから液体なので、混ぜ合わせやすくなっていますし、粒子がとても小さいのでよく染まる感じがします。

 人気教材ですから、一気に何十ボトルも作ることになります。すると作成現場は事件現場の様です!
 目を薄めてごらんください。

⬇︎

⬇︎

折り染めインク プリンタインクは何しろよく染まるので、手につかないようにビニール手袋で作業します。いくつも作ったので二時間くらい作業していました。
 当然、指はゴワゴワになってしまいます。
 しかも驚いたことに、途中で裏表逆にはめたようで、指にいろいろな色がついてこうなっていました。まるでハンマーで強く叩いような感じです。
 空手で組手をバリバリにやっていた頃、内出血でこういう体の色をよく見ていましたが、随分久しぶりで、懐かしい色です。

プリンタインク ちなみに、プリンタインクのボトルはこんな感じで、少量でも使いやすい様になっています。価格は6色せっと1600円です。この使い勝手の良さなど、いろいろお得です。

プリンタインクボトルボトルは1つ30mlくらいあります。いろいろな方達からのメールから分析・予測すると、少なくみつもって何千枚、薄く染めると万の単位の折り染めをたのしむことができます(折り染め用紙はキッチンタオル)。

 こういう説明書きが付いています。現在は注文から発送まで24時間いないで対応しています。6色セット1600円(送料600円)です。
 ほしい方はお申込みください➡︎こちら

プリンタインク説明1日1度のここの「いいね」クリックで〈たのしい教育〉を一緒に広げましょう!➡︎ いいねクリック=人気ブログ!=ジャンプ先でもワンクリックすると尚よし!

良く読まれている記事