[一般の方向け]教員採用試験ワークショップ本コース:随時受付中/沖縄市出前児童館(無料)11/12~16:子ども対象、大人も受講可能/好評受付中「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付/12月のたのしい教育cafeは〈クリスマススペシャル〉予定

おすすめアプリ 教育関係者向け 無料 Macでもwindowsでも使えるよ/子ども達の顔を目立たなくする画像処理アプリ 先生向け

 おすすめアプリ 教育関係者 向けということで紹介させていただきます。先生がよく利用することになるのだと思います。無料ですよ。沖縄県の教育界はまだまだ圧倒的にwindowsが主流ですけど、たのしい教育研究所に本格的に学びに来る先生たちの中では圧倒的にMac(Macintosh:マッキントッシュ)が主流です。必然的に〈おすすめアプリケーション〉もMac(マック)で使える、あるいはMac専用の質問が多くなります。
 今回はその中からまず画像処理のアプリ(ソフトウェアー)を紹介させていただきましょう。

 学校関係のサイトでは一般的に子ども達の顔を出すことをひかえています。個人情報の一部だと判断しているからです。たのしい教育研究所では「サイトに写真を載せます」と伝えて書いているのですけど、それでもやはり顔がはっきりしないような写真を使うことにしています。

 たとえばそれはこういう写真です。

 

  ところがこの手の写真は必然的に〈何をしているのか〉が分かりにくくなります。何をしているのか見てもらいたいという時にはアップの画像が必要になります。〈顔がハッキリしない〉しかも〈アップで〉という両方を満たすために画像処理をするという手があります。

 たとえばこういう顔がハッキリ写った写真(フリー素材ですのでご心配なく)がありますね。

 これをこう加工してみましょう。顔がハッキリしなくなって、しかも〈たのしそうに走っている様子〉は十分伝わって来ませんか?

 
〈もっと顔を目立たなくしたい〉という時にはこういう処理はどうでしょう。

 

  スケッチ風にもできます。

 

 わたしのパソコンにはPhotoshop(フォトショップ)という画像処理アプリケーション/ソフトウェアーが入っていて、こういう処理は難しくありません。しかし10万円くらいするのでハードルが高すぎですし、利用するには結構いろんな事を学ばなくてはいけません。たしか今は月払いとか年払いでのみの利用できなくなったという話ですから、長い目でみると10万円ではとどまらない出費になります。

 ところがこの上の写真は〈無料〉のアプリケーションで作成しているんですよ。

このアプリです⇒  Mac用 XnSketch
windowsやLinaxはこのサイトから⇒ こちら

 使い方
 英語ですけどご心配なく、使い方はシンプルです。
①加工したい画像ファイルをXnSketchの画面上にドラッグする  ※ドラッグの意味はここをクリック

②下のメニューから変換する種類を選ぶ、以上です。

 ここでは右側の〈Oil〉という処理をしています。

 右のインジケーターで明るさを調整したり、下のタグのMaskでマスク処理もできます。それは慣れてからゆっくりためしてみるといいでしょう。基本処理だけで十分利用価値があると思います。


 先生向けおすすめアプリ 無料版 ということで書いてみました。いかがだったでしょうか。反響が一定数あればさらに幾つか紹介させていただきます。1日1度のこの「いいね」で〈たのしい教育〉を一緒に広げましょう➡︎ いいね=人気ブログ!=ジャンプ先でもサイトをワンクリックお願いします

 

 

良く読まれている記事