ガリレオの落下の法則を幼稚園児もみんなたのしむ!/たのしい教育でたくさんの笑顔

 某月某日、〈名護市中央公民館 地域政策部〉の企画で名護市内のA小学校で授業をしていただけないかというお話が届きました。これまでいろいろな地域の教育と関わって来ましたが、市の中央公民館がいろいろな学校で魅力的な授業を企画するというのはあまり耳にしません。名護市の教育にかける基本的な姿勢に賛同し、スケジュールを調整して授業をさせていただく運びとなりました。
 実は、中央公民館の企画の授業も確か4-5回目くらいになるかと思います。
 どうしてこんなに足を運んでいるのか。
 わたし〈いっきゅう〉は名護市にとても大きな恩があるのです。新米の教師の頃、体育系の研究会で、先輩方にたくさんのことを教えていただいた恩です。いつか名護市だけでなく、北部から声が掛かったら、全力でスケジュールを調整して、あの時の恩返しをしよう、そう思っています。

 学校側が作って下さったカラフルな垂れ幕が目立ちます。

 授業は2校時に〈幼稚園児と1~3年生〉、3校時は〈4~6〉年生と分けて実施しました。この下の写真の右の一列が幼稚園の子ども達です。ガリレオの落下の法則をどんどん前のめりになりながら学んでくれました。

 授業の後半は、ガリレオの落下の法則でキーになった〈空気の粒としての存在〉です。その流れで研究所の開発教材〈手乗りブーメラン〉をたのしみました。
 これは高学年の子ども達です。

 ブーメランをとてもたのしんでくれました。研究所の開発した画期的ブーメラン〈手のりブーメラン〉を全員がとてもたのしんでくれました。

 校長先生教頭先生もフットワークが軽く、子ども達と一緒にたのしんでいました。
 名護市のこの小学校(本サイトの基本ルールで固有名詞は控えます)で二度目の授業になります。
 校長・教頭先生をはじめとして、いろいろな先生たちが子ども達の個性に応じてサポートしている姿に、毎回心うたれます。
 外から見ているだけなのですけど、実際に授業を期日を違えて三回持たせて頂いた中で感じていることですから、授業参観や説明を聞いて感じたことより信頼性が高いでしょう。
 わたしも特別支援の免許を持っていますが、もし学校で担当を任されたら、一度学びに行きたいくらいです。

 それからもう一つ、私が先日たまたまテレビのリバイバルで観てとても印象に残っていた〈名護市のある子ども〉がいます。それは、今はもう無い小学校での短いインタビューシーンでした。
 職員室で校長先生と〈名護というと、その子の顔を思い出すんですよ〉と話していたら、たまたまその場にいた先生が、そのテレビに写っていたその子でした。もちろん、収録は10年以上まえですから、しっかり大人になっています。
 うその様な本当の話。
 たまたまその場に居た5人の中に入ってただけでもすごく低い確率な上に、その時偶然に私が〈名護といえば…〉という話題を出す確率も低いでしょう。
 もしかすると目の前の先生方の名札が無意識に私の頭に入っていて、「◯◯といえば、あの時のテレビ」というように、意識の奥の方から、その話題が出た可能性もあります。
 そういう話が出せたのもフレンドリーな校長先生だったからです。そして一旦失礼して準備に行こうとしたのに、スタッフが玄関に入ってきて強引に連れ戻され、二度目の職員室だったこと。まだまだあります。

 けれどいういうことは、数々の動きの中で起こりうることです。
 そもそも、この素晴らしい星に誕生したところから計算すると、起こる全ての出来事が奇跡的な確率なのですね。
 ということで、奇跡的な出会いを記念してスタッフに写真を撮ってもらいました。お互い、いろんな人との出会いをたのしんでいきましょう!

みなさんも〈たのしい教育〉を一緒に広げましょう➡︎ ここをクリックするだけで全国の人気ブログに一票入りいろんな人が目を通してくれる可能性が高まります

良く読まれている記事