[一般の方向け]教員採用試験ワークショップ本コース:随時受付中/沖縄市出前児童館(無料)11/12~16:子ども対象、大人も受講可能/好評受付中「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付/12月のたのしい教育cafeは〈クリスマススペシャル〉予定

売られている〈ミニとまと〉のタネを植えて育ててみました…実が成るでしょうか?①

 数ヶ月かけた実験結果をお届けしましょう。「スーパーで購入した〈ミニとまと〉のタネを植えてみると実はできるのか」という、研究所のO先生の貴重な研究結果です。
  今から半年近く前、暑い沖縄の6月。O先生がスーパーで美味しい〈ミニとまと〉を買って来てくれました。みんなは〈美味しい・美味しい〉と言ってそれを食べていました。

 ちょうど夏休みの自由研究の講座のテーマの一つにしようかということで、いろいろなタネの発芽の実験をしている時でした。O先生はその〈ミニとまと〉のタネをとっておいて家で育ててみることにしました。

 するとみごとに発芽するではありませんか。

 

これだけしっかり発芽するのだから、また美味しいミニトマトができるのではないだろうか?


 ということでO先生はその後も丁寧にそだててみることにして、さっそく
土に移し植えました。

 さて、スーパーのミニトマトのタネからまたミニトマトができるでしょうか?

 みなさんはどう思いますか?

 研究所のメンバーは2つの意見に別れました。

ア.実ができる

イ.実はならない
理由:
・買ったトマトのタネからどんどん実がとれると困るので〈遺伝処理〉されている
・以前ダイズを植えたら、花はできたが実にならないかった

 どうでしょう?
 確かに、食べて美味しかった果物などがあって、そのタネを植えるとまた美味しい実ができるとしたら農家の方たちが困るかもしれません。
 しかし、植物のタネなのだから育てればしっかり実ができるかもしれません…

 まず皆さんの予想を聞かせてください。
一緒に〈たのしい教育〉を広げて賢い笑顔を育てる〈簡単な方法〉があります。ここのクリックでブログ評価に一票入ります!

 

良く読まれている記事