• [一般の方向け] 2020年2月29日(土)春の出会いも別れもたのしい教育/02.17~21出前児童館(無料)大人のみボランティア参加可能/教員採用一次試験合格スーパーバイズ/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付
  • 楽しい社会/地理をたのしく楽しく学習しよう③ ダージリン・ティーから拡がる世界/たのしい社会科

    〈たのしく地理を学ぶ〉をテーマに連続で書いています。今回も「読んでいてわくわくします」「子どもに戻ってこういう勉強をしたかったです」という嬉しいメールをたくさんいただきました。私もみなさんの笑顔を想像しながら綴ることができます。ありがとうございます。
     さて〈ダージリンティー〉をきっかけにして、〈パソコンに向かって情報を集めよう〉という段階です。

     わたしはもっぱらGoogleの検索エンジンを利用していますけど、YahooやMSN、その他でも基本的に同じです。

     パソコンではできるだけ短時間で求める情報に行き着きたい気持ちがあるので、検索キーワードを打ち込む時には〈2つのキーワード〉を標準にすることをおすすめします。
     一つのキーワードだと情報量があまりにも多くて目当ての内容からかなり外れたものが表示されることも多いからです。

     前回立ててもらった予想のうちのいくつかと重なるので〈ダージリン〉〈景色〉という2つのキーワードを打ち込みましょう。キーワードの間は空白を入れてくださいね。

    予想① ダージリンでお茶を作っているところってどういう場所なんでしょう?
     a.建物もけっこう見えるのかな?
      ⇨ いくつもある or ほとんどない
      どうしてそう思いましたか?

     b. 地図を見ると山のふもとに位置しています。どういう場所暑中見舞-で茶葉をそだてているのでしょう?
     ⇨けわしい山の斜面で育てている
     ⇨平らなところをみつけて、そこで育てている
     ⇨なだらかな斜面で育てている
     どうしてそう思いましたか? 

    予想② ダージリンの茶葉を育てているところから遠くを見るとどういう眺めなのだろう?
     a.〈山〉は?
     ⇨すぐ近くに高い山がみえる
     ⇨.遠くに高い山が見える

     b.〈海〉は?
     ⇨見えるだろう
     ⇨見えないだろう

     

     景色を眺めたいので、キーワードを打った後、その窓の下の〈画像〉という文字をクリックしておきます。

     さて、ダージリンはどういう景色なのでしょう。
     インドにある、ということなので、わたしの持っているインドの知識から〈なんとなくこういう雰囲気のところかな〉という予想も混ざりながら、打ち込むわたしの気持ちが高鳴ります。

     たくさんの写真が出てきます。そのわずか一部がこの写真です。

     注意しなくてはいけないのは〈ほとんどがダージリンの写真だと考えられるのですけど、全てがダージリンだとはいえない〉ということです。「静岡の茶畑はダージリンにそっくりだ」ということでUPした写真もまざっているかもしれませんからね。開いてみて、そこにある説明を読んで「あー、これがダージリンの茶畑の様子なのか」と確認する様にしてください。

     では、いくつか目に入ったものを開いてみましょう。
     これはダージリンにある展望台から眺めた写真です。素晴らしい眺めです。

    ダージリンの茶畑で職場体験をしていた時の写真ものっています。なだらかな斜面を利用した茶畑ですね。遠くにも高い山々が写っています。

     旅行者の方がのせたダージリンのある村の写真もあります。斜面を利用して家々が連なっています。

     これは別な人がダージリンを旅行した時に撮った一枚です。雲と同じくらいの高さの村ですね。

     たくさんの写真を紹介したいところですけど、それはぜひ自分で開いていただくとして、ダージリンという土地は地図では〈山といっても下の方〉の様に見えたのですけど、ずいぶん高い場所にあるようですね。

     調べてみると標高2000mくらいの山の斜面にある村だとあります。標高2000mというと私の好きな長野の〈上高地〉より高い位置です。〈霧ヶ峰〉や〈美ヶ原〉などと同じくらいの標高ですから、涼しいというより夏でも朝夕は寒いくらいでしょう。

    ヒマーラヤのパノラマが広がるダージリン

     ダージリンは西ベンガル州の北方にある標高約2000mの山の斜面に広がる町です。

     イギリスの植民地時代に避暑地として開発された為、町にはコロニアル風の建築物が多く残っていて、独特の雰囲気。

     今では外国人のみならずインド人の観光客もたくさんやってくる、有名な観光地です。町のバックには、美しいヒマーラヤ山脈が広がるダージリンの町。そんなヒマーラヤのパノラマを存分に楽しめるのが、ダージリンの魅力の一つです。

    https://www.ab-road.net/

     

    いろいろな写真を眺めたかぎりでは

    ① b. 地図を見ると山のふもとに位置しています。どういう場所暑中見舞-で茶葉をそだてているのでしょう?
     ⇨けわしい山の斜面で育てている
     ⇨平らなところをみつけて、そこで育てている
     ⇨なだらかな斜面で育てている

    については ⇨なだらかな斜面で育てている

    予想① ダージリンでお茶を作っているところってどういう場所なんでしょう?
     a.建物もけっこう見えるのかな?

    については、〈建物はあまりみあたらない〉状態です。

     

    予想② ダージリンの茶葉を育てているところから遠くを見るとどういう眺めなのだろう?
     a.〈山〉は?
     ⇨すぐ近くに高い山がみえる
     ⇨ 遠くに高い山が見える

    については  ⇨.遠くに高い山が見える
     ダージリンから〈ヒマラヤ〉という世界で最も高い山も見えています。

     b.〈海〉は?
     ⇨見えるだろう
     ⇨見えないだろう

    海については、数々写真を開いてみましたが、見ることはできませんでした。
    あまりにも遠くにあって見ることはできない様です。
    これは全てについて言えることかもしれませんが、〈いろいろな写真を開いてみたけれど〉ということで、ある程度の〈不確かさ〉をふくんでいるということで理解してください。

     人々の格好や、食べ物、犬くんたちがいるのかいないのか、そういうことをぜひ自分でも調べてみませんか。google検索の窓に〈ダージリン 人々〉〈ダージリン 食べ物〉という様にキーワードを打ち込むとよいと思います。

     ダージリンティーを呑みながら、それを育てた人たち、育った畑、遠くの眺めなど、いろいろなことを調べてみてください。
     私たちが味わっているダージリンティーは、そのダージリンの土地で育ち、ダージリンにそそいだ太陽の光を浴びて、ダージリンの地に降り注いだ雨で育った茶葉なのです。
     そうやって調べていくことで、きっと、今までよりその場所を身近に感じ、自分の世界が少し広がった様に思えてくると思います。それが地理の学習のたのしみです。

     どれだけ川の名前が言えるのか、どういうものを作っているのかが言えるかが地理の学習だというわけではありません。そしてそれを目標にして授業しているお陰で苦しんでいる子ども達、そして大きくなった大人たちがいます。
     地理の学習がたのしく感じられるのか、これまでの自分の世界が豊かに感じられるかが大切なのです。
     楽しい地理の学習のためにどういう仕組みを整えるとよいのか、次回まとめとして書いてみたいと思います。ご期待下さい!たくさんの人たちの〈学ぶ笑顔と賢さ〉を育てる活動に賛同してくださる方は、このリンクをクリックすることで活動を後押しできます。知り合いの学校の先生たちにもおすすめください!

    よく読まれている記事