[一般の方向け]教員採用試験ワークショップ本コース:随時受付中/沖縄市出前児童館(無料)11/12~16:子ども対象、大人も受講可能/好評受付中「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付/12月のたのしい教育cafeは〈クリスマススペシャル〉予定

星空の世界と占星術

 前回の記事で〈みなさんは星空を眺めることがありますか。そのどういうところが好きですか?〉という問いにさっさく返事が届きはじめています。ありがとうございます。その中に「私の持っている星座の本には〈星占い〉のことも書かれていますが、占い好きなのでついついそこを読んでしまいます」という方がいました。

 〈たのしい教育研究所〉は本格的な科学を拠り所としてる組織です。確かなことを伝えることが大切で、そうでないものとの違いもハッキリと伝えなくてはいけません。
 残念ながら〈星占い・占星術〉はメルヘンや物語りではあっても、科学ではありません。

 今回は少し〈星占い・占星術〉の話をしましょう。

 生まれた時の星座を元にして占うというのが〈星占い・占星術〉です。

 どうやってその人の星を決めているかというと、勝手に代表的な12の星座を並べて当てはめたというわけではありません。

 その人の生まれた時の星座というのは〈その人が生まれた時〉の〈昼の太陽のあたり〉に位置している星座のことです。

 この図で、地球から見て太陽の位置のずっと向こうがわに見えているはずの星座のことです。もちろん、太陽が出ているわけですから〈昼〉で、太陽の光がまぶしすぎて、実際には見ることができませんが、存在していることは事実です。

 生まれた時に太陽のあたりにあった星座が、その人の運命を決めているというわけです。

 たとえばWebサイトを開くとこうあります。

おうし座〈4月21日~5月20日〉

おうし座の基本的な性格

おうし座の人は「慎重」「じっくり」物事を進めていく性格で、安定した穏やかな生活を好みます。性格は穏やかで、落ち着いた態度や行動、雰囲気からまわりに安心感を与えます。

その雰囲気から、まわりに人が集まって来やすいのが特徴で、初対面の人から話しかけられることも多いのではないでしょうか。しかし、人見知りなところもあるようです。また、自分から協力を求めなくても、周りの人が自分に協力してくれることでしょう。おうし座の人がじっくり努力していることを周りの人は知っていますので、自然と協力してくれる人が集まるのです。
我慢強いのが特徴で、物事を途中で投げ出すことはせず粘り強く最後までやり通すことが出来る強さを持っています。
おうし座の人はお金に関しても慎重なところがあり、無駄遣いはあまりしません。モノを大事にするタイプですがケチというわけではなく、自分がお金を遣うと決めたことに関しては財布の紐を緩めて、賢く消費します。
また、味覚が優れているため食通が多いのもおうし座の特徴です。

 
 占星術を信じて、決して安くないお金を払って占ってもらう人たちもいます。アメリカは特に占星術が盛んな国だと言われています。

 ところで、2016年にNASA(アメリカ航空宇宙局)が
「太陽の位置にくる星座をさらに詳しく観察したところ、実は12ではなく13あった。それぞれ計算しなおすと、正確には以下の通りになる」
と発表したことをご存知でしょうか。
 NASAが計算し直したところ、下の日付にあたるのが、その時の昼の太陽の位置にある星座、つまりその人の生まれた時の星座になるのです。

山羊座:1月20日~2月16日
水瓶座:2月16日~3月11日
魚座:3月11日~4月18日
牡羊座:4月18日~5月13日
牡牛座:5月13日~6月21日
ふたご座:6月21日~7月20日
蟹座:7月20日~8月10日
しし座:8月10日~9月16日
乙女座:9月16日~10月14日
天秤座:10月14日~11月23日
さそり座:11月23日~11月29日
へびつかい座:11月29日~12月17日
射手座:12月17日~1月20日

 たとえばこれまでおうし座は〈4月21日~5月20日〉でしたが、NASAの正式な計算によると〈5月13日~6月21日〉がおうし座となります。

 するとこれまで〈おうし座〉だと思っていた人たちのうち、5月13日~5月20日までのわずか8日間だけが〈本当のおうし座〉で、ほとんどの人たちは、おうし座ではなかったわけです。
 「自分はおうし座だ」と思って「占星術でおうし座の運勢」を占って、いろいろな選択をしていた人たちは、どうしたらよいでしょう。

 その占星術上の混乱の様子は、いろいろな記事になっています。
 ➡こちら
 とか ➡こちら

 自分が生まれた時に、太陽の位置にある星座は確かに存在するのですけど、それが自分の人生を左右することはありません。
 それはメルヘンで物語りだからです。
 かつて先人たちは、星空を眺めながら、その星をいくつか結んで、〈やぎ〉や〈さそり〉などのキャラクターを描き出し、そこにいろいろな物語を重ねました。それが星座のはじまりです。
 ですから星座そのものが〈物語・メルヘン〉、つまりお遊びの世界としてスタートしたのです。占星術も、その延長だと冷静に見ていたほうがよいでしょう。

 さて、〈たのしい星の授業、夜空の観察〉の授業づくりはしっかり進み始めています。たのしみにしていてください。この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉を応援することができます !

良く読まれている記事