[一般の方向け]09.25(水)たのしい教育Cafe/教員採用一次試験 基礎ワーク4回コース開催中/09.17~30沖縄市出前児童館(無料)、大人もボランティア参加可能/「たのしい教育メールマガジン(有料)」:好評時受付中:好評時受付中/教育カウンセリング・論文ドクター 随時受付/

たのしいアウトドアノマドワーク&アウトドアワークのたのしみ方

 さっそく前回の反響が届き始めています。嬉しいことです。

都心では仕事する場所が見つからず、レンタカーを半日借りて狭い車内でパソコン仕事をするという話もあります。フィールドでできるとたのしいですね。

Aさん

 

海で仕事をするなんてすごいですね。
気持ち良さそうで、気持ちも広くなりそうですね。

Bさん

 

どれくらいの時間、外で仕事しているのですか?

Cさん

 
 こういうスタイルの仕事の仕方をしている人を知りませんから長い短いという比較ができないのですけど、私の場合は教材開発やカウンセリング、会議など、場所特定の仕事もいろいろあるので、今のところ二、三時間くらいだと思います。
 時間というより「この仕事はアウトドアで仕上げよう」というようにしています。

「女の人が外でノマドワークするのはまだ先のことかもしれません」という話もありました。
 確かに、私でも視線を感じますから、声かけられそうですね。
 そういう場合には私が以前やっていたようにリゾートホテルの海側のテーブルで仕事してみるといいと思います。
 わたしはそういう時期を数々経て、今の様なアウトドアノマドを試行し始めたわけです。

 今回は公園での仕事のスタイルを紹介しましょう。

 屋根つきテーブルつきの場所が空いていたのでそこが今日の仕事場所。
 テーブルの上にあるケースに一通りの仕事道具が入っています。


 これです。100均で300円というちょっと腑に落ちない値段のケース、ものはしっかりしています。


 中にはパソコンや電源、ノートやクレヨン、筆記用具などが入っています。

 ということで気持ちよく広々とした気持ちでノマドワーク。
 ニャンコさん達が
「ねぇ、食べるのもってたら嬉しいんだけど、どんな様子?」という感じで近づいきます。
 幸いバッグにはア~ル用の食べ物も入っているので、おすそ分けしました。

 ニャンコさん達と戯れつつ一原稿仕上げ、第三研究所へ。

 たのしく元気なアウトドアノマドの日々です。

毎日たのしい教育に全力投球、たのしい教育研究所(RIDE)です。みなさんの応援クリックをお待ちしています➡︎この〈いいねライン〉をクリックすることで〈たのしい教育研究所〉への「応援の1票」が入ります☆いいね☆

 

良く読まれている記事